2005年05月23日

木工日誌 : 民家園


20050523e8921181.JPG神奈川県川崎市の向ヶ丘遊園にある民家園に行ってきました。

築200年~300年の古民家が23棟展示されていて、毎日どこかの家が床上公開されて部屋の中まで見学することができます。

かやぶきの屋根や土壁、かまどやいろりなどの身近な生活品など現代建築(生活)には無い素晴らしいものが沢山あります。

特に木をありのまま(曲がったまま)に組み合わせた梁はただただ驚くばかりでそれは見事なものです。

建てられていた地方(雪国や九十九里の海岸・・・)の特徴がそれぞれよく表れている建築様式で当時の生活が想像できてとても考えさせられました。

ボランティアの方達がとても親切に説明してくださり、より一層昔を理解することができます。

皆さんも是非一度足を運んでみてはいかがですか。

わざわざ行くだけの価値は充分にありますよ。

「工房 木よう大工」 ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com


posted by mokuyoudaiku at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする