2005年06月13日

木工日誌 : すいれんの花


200506131a81847e.jpgすいれんの花が咲きました。

小さな池の水面いっぱいに葉を伸ばして、
ある日つぼみをつけたと思ったら
昨日いきなりパッと開きました。

葉っぱの切れ込み、よく茂った緑の隙間から
時々真っ赤な金魚がちらりとのぞきます。
この美しさ、日本的だなあと思います。

水の下の世界はどんなでしょうか?
きっと金魚にとっては
迷路のような森なのではないでしょうか。

時々巨人が天から粉のような食べ物を降らせ、
にんまりと笑いかけます。

「工房 木よう大工」 ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気blogランキング
  ↑  ↑  ↑
クリックのご協力をお願いします
posted by mokuyoudaiku at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

木工日誌 : 木の食器


2005061246b1a864.JPG千葉そごうデパートで行われている 高橋木工房 さんの実演展示販売会に行ってきました。

丸太の製材から乾燥、制作、塗装まで全てをご自分でなさっているそうです。

お皿、お椀、ワイングラス、ぐい呑みに小鉢、生活に取り入れたい魅力的な器が並んでいました。

お皿の丸が微妙にゆがんでいるのをお尋ねしたところ、轆轤(ろくろ)で丸く制作した後に熱を加え、木が勝手にゆがむ形をそのままに仕上げていらっしゃるそうです。

木の動きを受け入れたデザインなんて、木との共同制作みたいで素敵ですよね。

その中で一番お気に入りのお皿を1枚購入してきました。
早速今晩から我が家の食卓に登場です。

さてさて、何を盛り付けることにしましょうか・・・。


「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.co.jp/
メールは下記アドレスを入力もしくはホームページから
mokuyoudaiku@s6.dion.ne.jp
TEL 03-6425-6767
FAX 03-6425-6768

会社概要

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 17:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

木工日誌 : カウンタートップ取り付け作業


2005061038dc023b.JPG集成材(カウンターになる板)にカウンタートップを取り付けているところです。

カウンターの裏側にボルトを通す穴とナットを締める為の穴を開けて接着剤を付けてから組み上げていきます。

カウンターは店舗などに使われる為空調などの関係でしっかりとした加工をしておかないとトメ組みした部分などがずれてくることがあります。

厚み30mmの集成材でも厚み90mmのカウンタートップを取り付けて表面から見ると豪華に見えます。

レストランや喫茶店のカウンターに座った時にそっとカウンターの裏側を触ってみてください。

厚みが違うのがわかりますよ。


「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.co.jp/
メールは下記アドレスを入力もしくはホームページから
mokuyoudaiku@s6.dion.ne.jp
TEL 03-6425-6767
FAX 03-6425-6768

会社概要

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 木工 | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

木工日誌 : ゴーヤ


2005060973644031.jpg「ゴーヤの種は銭亀のような形をしています。

種を撒く前に水につけたのすが、いつまで経っても浮かんだまま。
白くてスカスカのもあります。

実は去年収穫した実から採った種です。

これで大丈夫なのでしょうか?」

「工房 木よう大工」 ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気blogランキング
 ↑  ↑  ↑
クリックのご協力をお願いします
posted by mokuyoudaiku at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

木工日誌 : 木製飾り縁


200506080b35f606.JPG材=タモ

長さ2000mm 断面60mm×30mm

テーブルの縁などに取り付けて使用します。

制作は丸棒を真ん中から二つに割ったのではなく、60mm×30mmの四角い部材に30Rの刃物を当てて加工していきます。

丸棒を割っても制作することは出来ますが、この場合は鋸目の分と割った後の仕上げで削った分だけ半丸より小さくなってしまいます。

丸棒を加工する時は6月1日にも書いたように丸棒をそのまま加工すると刃物の抵抗で丸棒がねじれてきてしまい真っ直ぐ割ることが出来ないので出来上がった商品はアバウトの物になってしまいます。

お値段は丸棒を割った時の方がお安く出来ますが必ず偶数になります。


「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.co.jp/
メールは下記アドレスを入力もしくはホームページから
mokuyoudaiku@s6.dion.ne.jp
TEL 03-6425-6767
FAX 03-6425-6768

会社概要

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 木製飾り縁 | 更新情報をチェックする

2005年06月07日

木工日誌 : オリーブの花


20050607c84d6b6c.jpg知ってるようで知らないですよね、オリーブの花って。
ちっちゃくってかわいい花です。

白い4枚の花びらの中心に黄色いおしべらしきものが2本出ています。
正面からみるとモンシロチョウみたいです。

最大の花でも6ミリくらい。

オリーブの実はとても豊かな姿ですが花はこんなに可憐です。

「工房 木よう大工」 ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気blogランキング
クリックをご協力お願いします
posted by mokuyoudaiku at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

木工日誌 : びわ・それから


20050606d8c47ed8.jpg緑だったびわ、黄色が濃くなってきました。
「そろそろ食べごろ?」
いえいえまだです。
もっと黄色が濃くなって、オレンジ色になり、
実がパンパンにふくれてきてからいただきます。

葉っぱもツヤツヤ、びわって本当にきれいです。
きれい・おししいだけじゃなく、びわは優秀。

腰痛の時にびわの葉湿布をしたことがあります。
結構いい気持ちです。

実はもちろん、種や葉をホワイトリカーで漬けると
おいしいびわ酒やお薬ができます。

でも、そんなに待てませんよね。

「工房 木よう大工」 ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com
posted by mokuyoudaiku at 13:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする

2005年06月04日

木工日誌 : 江戸指物


200506040ea9d7f7.jpg江東区の森下文化センターで今日6月4日(土)から11日(土)まで「えどさしの会」の皆さんの作品発表会が行われています。

江戸指物は釘やビスなどは使わず全て組み込むように細工して組み立てていきます。

キャリアの浅い方の簡単な箱物からベテランの方のちゃぶ台や釣り道具入れの小箱、カンナやげんのうなどの工具類が展示されています。

後世に残していきたい伝統の技術です。

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.co.jp/
メールは下記アドレスを入力もしくはホームページから
mokuyoudaiku@s6.dion.ne.jp
TEL 03-6425-6767
FAX 03-6425-6768

会社概要

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 木工 | 更新情報をチェックする

2005年06月01日

木工日誌 : タモ集成材丸棒


20050601facca465.JPG材=タモ集成材
長さ3000mm 太さ60mm丸
フラットバー溝付き

フラットバーとは丸棒を受ける為の金物で、この上に丸棒を取り付けて手摺りとして使用します。

写真では溝が上を向いていますが実際には溝は下向きです。

丸棒に溝を付けるのは簡単なようで実はちょつと難しい作業です。

何故なら丸棒をそのまま加工すると刃物の抵抗で丸棒がねじれてきてしまい、そうすると溝も一緒にねじれて上手く金物に取り付かなくなってしまいます。

その為まず最初にねじれないようにガイドになる加工をしてから溝加工をするので四角いものを加工するよりも手間がかかってしまいます。

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.co.jp/
メールは下記アドレスを入力もしくはホームページから
mokuyoudaiku@s6.dion.ne.jp
TEL 03-6425-6767
FAX 03-6425-6768

会社概要

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 21:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 木製丸棒 | 更新情報をチェックする