2005年07月12日

木工日誌 : 丸太


20050712f81594f4.jpgそういえば旭川には仕事で???来ていたような気がします。
なので木に関する話題です。

東京ドームって、広いですよね。
その東京ドームよりちょっとだけ狭い敷地を持つ
材木屋さんの貯木場を見学しました。

見学の前にきれいな女性社員さんが長靴を貸してくださった訳が
歩を進めるにつれてわかりました。

土の上に山積みされた丸太がシャワーを浴びています。
地面は水浸し、ところどころ泥沼状態です。

この丸太達はここに置かれてからずっと水をかけられています。
なぜそんなことをするのかというと、木が割れないようにするのと腐らせない為だとか。

「いうなれば冷蔵庫ですね」と社長さんは軽くおっしゃいました。

水道代、大変だろうなあと思いましたが、
ここは旭川、大雪山の豊富な伏流水がそれを解決してくれます。

東京で飲む水よりもずっとおいしい水を
こちらの丸太達は浴び続けているのです。

木も水も、あるところにはあるものです。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。
posted by mokuyoudaiku at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 木工 | 更新情報をチェックする

木工日誌 : なぞバス!


200507128ad86db1.jpgもくもくまつりの会場をちょっと抜け出し、
旭山動物園に行った帰りに「駅方面」という
行き先表示のバスを見つけました。

「駅方面」ですよ。駅って、どこの駅でしょう?


もしかして旭川駅のことだとしたら「旭川」を省略してしまっていいものか。

それとも駅という地名があるのでしょうか。

ところで、駅、方面ということは駅にはいかないのでしょうか?

なぞです。

写真をクリックすると拡大写真がご覧いただけますので
謎解きをお願いします。

posted by mokuyoudaiku at 16:24| Comment(6) | TrackBack(1) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする

木工日誌 : 旭山動物園・2


20050712011fb936.jpg「あら、こんにちは~」

あざらしが上から下から、観覧スペースのガラス管を通過します。

この展示は旭山動物園の人気スポットのひとつとして有名ですね。

「来るかなくるかな?」と思いながら上の水面を見つめていると
突然下からひゅ~っと上がって来たり、
しゃがみこんで床の下を気にしていると、
上から逆さに降りてきてどんぐりまなこでこちらを見ていたり、
あざらしとかくれんぼをしているような楽しい展示です。

もっとも、そう感じているのは人だけで、
あちらはあまり人の思惑なんて気にしていないのでしょうが。

動物が持つ能力や性質を目の当たりにすることで
その動物を人が尊敬するようになる。
そんな展示をしている動物園がすぐれた動物園だと思います。

息を止めてプールの中を潜水しながら、止まったりくるっと身をひるがえしたり、
私にはとてもあんなことできません。
尊敬するな~!

あざらしはすごい。
posted by mokuyoudaiku at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする

木工日誌 : 旭山動物園・1


20050712a9777a0f.jpg写真がUP出来ない原因がわかりました、ヤレヤレ!
お待たせした旭川レポートを再開しま~す。

白くま館にて。

ガラス張りの見物客の目の前をクマ達はプールに
飛び込んだり、潜ったりと泳ぎはしゃいでいました。
凄い迫力!

クマの白い毛並みはブルーの水中で柔らかくたなびき、
とても美しく、クマ達も気持ち良さそうです。
見ているだけで涼しげでした。

梅雨も過ぎれば、いよいよ夏到来!
白くまより暑がりではないにせよ、
プールにダイブしたくなる季節です。

白くまくんアイス美味しいですよね~
posted by mokuyoudaiku at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする