2005年11月05日

木工日誌 : イサムノグチ展


イサムノグチ・1木場公園の一角に東京都現代美術館があります。
近いのでよく出掛けるのですが、
今こちらでイサム・ノグチ展が開催されています。

地球を彫刻する芸術家とか紹介されますね。
和紙を使った照明器具も有名です。
札幌のモエレ沼公園を訪れた方もいらっしゃるでしょう。

展示室の作品は撮影禁止ですので中庭に出てみましょう。

イサムノグチ・2「プレイ・スカルプチュア」

遊具であり、また彫刻でもあり、
子ども達がひっきりになしに群がって
よじ登っては遊んでいました。
上を歩いても滑り台のようにしても
身体にふれた感じは優しい曲面でした。
インパクトの強さと触り心地の柔らかさを併せ持った素晴らしい作品だと思います。

イサムノグチ・3「オクテトラ・コンクリート」

子供の身体に合わせたサイズですが、
大人だって遊びたいじゃありませんか
それで穴の中に身体を折りたたんで入れてみたのですが、
蛸壺に収まったタコのようなきゅうくつくつでした。

大人も遊ぶ気にさせる遊具、ほんものですね。

今回の展覧会で一番大きな作品は「エナジー・ヴォイド」
ポスターに使用されている巨大な黒い石の環のような作品です。

ぐるりと周りを巡り、じっと眺め、「この角度好き」などと、気ままに鑑賞してきました。

イサム・ノグチ作品のまわりの空間はなんとも言えず優しいです。

11月27日までですので、どうぞ。お勧めします。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

工房 木よう大工
http://www.mokuyoudaiku.com

人気blogランキング  
  ↑  ↑  ↑
クリックのご協力をお願いします

posted by mokuyoudaiku at 22:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする