2005年11月06日

木工日誌 : 新木場の別の顔


20051106da858534.jpg木のまち新木場といつもご紹介しておりますが、
お休みの日、新木場駅周辺は
これまでとはちょっと違う空気が流れています。

年のころなら十七・八、いえいえもっと低年齢か、
顔に黒い帯を描いたり青い髪をツンツンに立てたり、
スカートやズボンや腰布を一緒に履いたり、など
ひとりひとりが独特の衣装に身を包んだ若人が
橋を渡ってすぐの、ある建物に向かいます。

なんだ? これは?
おわかりになりませんか、くらぶですクラブ。
クが高くてラブが下がるイントネーションではありませんよ。
ク、と低く出て、ラブ、と上げる言い方です。

ク↑ラブ、とくれば学校の課外活動などではなく、
はたまたブランデーなんかを舐めながらムードに酔う
高そうなクラブとも違うのです。

それならどんなところかって?
わかりません、行ったことないのですから。
髪の毛は黒いし、あんなお衣装持っていません。
だいいち入場者チェックで引っ掛かったらショックです。

新木場の新しい人気スポット、スタジオコースト、
一度入ってみたいなあ!

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」 ホームページ 
http://www.mokuyoudaiku.com


人気blogランキング
  ↑  ↑  ↑
クリックのご協力をお願いします
posted by mokuyoudaiku at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする