2006年01月30日

木工日誌 : 伝統工芸産学工

伝統工芸産学・5木場のお隣、江戸川区で行われた伝統工芸と美術大学生の
コラボレーションによる作品発表会に行ってきました。

学生さん達のデザインを、刺繍、木竹工、江戸風鈴、
染色、組子工芸、つりしのぶ、看板彫刻、江戸扇子、
凧・熊手、型小紋、漆芸、の伝統のわざが
作品に仕上げました。

今年で3年目を迎えたこの企画からすでに商品化されて販売されているものもあるそうです。

こだわりの範囲を超えた作品の数々に思わず「ほう、なるほど!」と
時間の経つのも忘れて見入ってしまいました。

伝統工芸産学公・1題名「雫漆」 「溜漆」

壁に掛かっているのが水滴をイメージしたイヤリング。
下に置かれているのが液体の表面張力をイメージした
コースター。
塗り上げる事で深く美しい光沢を放っている漆の魅力を
引き出した作品です。

伝統工芸産学公・2題名「竹風鈴」

昔から日常生活に溶け込んでいる竹のしなやかな曲線と、
風鈴を組み合わせた作品。

テーマは「江戸を感じさせる風鈴」。


伝統工芸産学公・3題名「HUG」

無機質なステンレスと力強い根茎と繊細な葉の生命が
共鳴してしのぶの世界を広げています。

伝統あるつりしのぶが、時代が変わっても
愛され続けることを願った作品です。

伝統工芸産学公・4題名「木のれん」

看板彫刻がより人と身近に感じさせてくれるように、
お客さまが出入りすることで音色を生みだし
看板としての役割を引き立ててくれる作品です。


他にも多数の時代を超えた素晴らしい作品が展示されていて、
ひとつでも多くの作品が世の中に出ていくことを期待してしまいました。

今回展示された作品は2月に東京ビックサイトで行われる
「ギフトショウ」に出展されるのでお時間のある方は
是非お出かけになってご覧になってみてください。

写真をクリックすると拡大写真でご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ 
http://www.mokuyoudaiku.com/

人気blogランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願い致します
posted by mokuyoudaiku at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

木工日誌 : 丸棒円錐型

丸棒・円錐型穴あけ・1材=スプルス集成材
長さ1500mm 太さ40mm丸/110mm丸
110mm丸の木口に直径88mm丸、深さ200mmの穴あけ。

穴にはめ込む為の丸棒
長さ200mm 太さ85mm丸

丸棒・円錐型穴あけ・2木口の穴に肉厚1.5mmの筒をはめて、筒の内側に
85mmの丸棒をはめ込んで筒を固定させます。

直径88mmのドリルは無くしかも深さが200mmもあるので
穴あけ加工をするのに凄く手間が掛かりました。

写真をクリックすると拡大写真でご覧になれます
「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.co.jp/
メールは下記アドレスを入力もしくはホームページから
mokuyoudaiku@s6.dion.ne.jp
TEL 03-6425-6767
FAX 03-6425-6768

会社概要

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 木製丸棒 | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

木工日誌 : 夕日に浮かぶ富士山

夕暮れの東京湾・06・01・23週末に降った雪のおかげで空気がとても澄んでいて
夕暮れの西の空に富士山のシルエットが
くっきりと浮かび上がりました。

対岸のお台場の観覧車のむこうに見える富士山に
この寒さの中時間を忘れてしばし見とれてしまいました。

雪が置いていってくれた素敵なおみやげです。

撮影場所はもちろん木の町新木場です。

写真をクリックすると拡大写真でご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ 
http://www.mokuyoudaiku.com/

人気blogランキング  
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願い致します
posted by mokuyoudaiku at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

木工日誌 : 木球・桃型


木球・桃型材=タモ集成材
直径105mm球

先端を桃のように少し尖がったイメージとのご依頼ですが
このイメージというのがとても難しい問題なのです。


お客さまのイメージと製作側のイメージは微妙に違ってしまうことがあるので
数字などがはっきりとしている方が間違いなく作れるのですが、
でもお客様のご希望通りに加工する為に日々頭を悩ませています。

これ何に使うのでしょうか???
ポッポに聞いてみようかな!!!

写真をクリックすると拡大写真でご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.co.jp/
メールは下記アドレスを入力もしくはホームページから
mokuyoudaiku@s6.dion.ne.jp
TEL 03-6425-6767
FAX 03-6425-6768

会社概要

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 17:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 木球・木玉 | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

木工日誌 : 世田谷ボロ市

ボロ市・1東京・世田谷のボロ市に行ってきました。

毎年12月と1月の15・16日に開かれています。

日曜日の15日、気温も暖かめだった為か、
たいへんな人出でした。



ボロ市・2
元々はこのような古着を扱う市だったとか。





ボロ市・3
骨董からガラクタまで、さまざまな露店が並びます。





ボロ市・5やはりこういったお店に立ち止まってしまいます。
使い込まれた感じのノミをちょっといじってみたり。

あ!! 妙ちくりんなモノを見付けました。
金属の薄い板をクルクルと巻いてある棒状のもの。
皮細工の穴あけに使えそうです。

「これください」 「はい、50円ね」
おじさん新聞紙をひっちゃぶいて包んでくれました。

同行者に聞かれました。「ところで、それ、なに?」 「知らない」

そう言われてみれば、なにコレ?
引き返してお店のおじさんに聞きました。
「これ、なんですか?」 「なんだか知らないで買ったのかい? ひゃ~!」
おじさんたまげていらっしゃいます。

「これはねえ…」
クロワッサンを焼く前の生地の姿そっくりな、謎の金属小物。
選定バサミのバネですって。

同行者はじめ、みなさん、大笑いです。
わかってないなあ~。 これを何に使うか、考えるのが楽しいんじゃないのサ!

ボロ市・4
のこぎりの向こうに顔があってもいいじゃないかっ!

このお店ではのこぎりの歯にラップを巻いています。



ボロ市・6ボロ市の通りに面している、ある工房。
こちらは相互リンクをしていただいている
「みんなの木工房 DIYsuki(大好き)」さんの工房です。
http://www.h4.dion.ne.jp/~workshop/diysuki.html
看板からしてさすが木工房。雰囲気がいいです。

管理人のたけさんにお目にかかれました。
ブログに時々お邪魔していたので
ポッポの名を覚えていてくださいました。

たけさんって、どんなヒト?
お顔に人柄のよさが滲み出た、穏やかで温かい感じの方です。
とても気持ち良く整頓された工房でお話しができ、
突き板で造った象嵌細工なども見せていただきました。

木工をしたくても機械と経験がないという方にはぜひお勧めしたい工房です。


甘酒、磯辺焼、糸巻き、カウベル、選定バサミのバネ、など、
有意義なお買い物をして、使ったお金は1050円。

たっぷり遊べたボロ市でした。

写真をクリックすると拡大写真でご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ 
http://www.mokuyoudaiku.com/

人気blogランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願い致します
posted by mokuyoudaiku at 15:35| Comment(8) | TrackBack(0) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

木工日誌 : 友禅染めライト

友禅染めライト・1先日12月27日にご紹介した円盤とリングを使ったライトを
実際に灯りをつけて使用している写真です。

写真を提供くださったのは、友禅染色工房「グラスバード」さん。
http://www.muse.dti.ne.jp/grassbird/
HPも是非ご覧ください。
この他にも素敵な作品が多数紹介されています。


友禅染めライト・2「手描き糸目友禅」という技法で深い色合いで緻密な柄を染めていて
灯りをつけるとより美しい色あいが浮かびあがってきています。

このような所にも木よう大工の作品が少しだけお手伝いをしています。

写真をクリックすると拡大写真でご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.co.jp/
メールは下記アドレスを入力もしくはホームページから
mokuyoudaiku@s6.dion.ne.jp
TEL 03-6425-6767
FAX 03-6425-6768

会社概要

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 23:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 木工 | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

木工日誌 : どんど焼き

門松小正月に門松や注連縄などを焼く火祭だそうです。
こういうことは神社でひっそり行われるのかと思いきや、
小学校などを舞台に町会主催でやっているところもあるとか。
そう言えば何年か前、ご近所の小学生たちが
「どんど焼きにご協力おねがいしま~す」と叫びながら、
門松や注連縄を集めて回っていたことがありました。
「なにか?」と思って窓から覗くと、
かわいい子供たちがリヤカーを引いています。
松が取れる頃、ちょうど今ごろのことでした。

お正月を華やかに飾ってくれた品々を燃やし、その火でお餅を焼いて食べる。
こういうやり方はなんだか日本的だなあと感じます。

ただ、残念なことに、どんど焼き、見た事がありません。
松や竹の燃える匂い、きっといいでしょうね。
お餅が焼けた頃を見計らって、参加したいなあ!

写真をクリックすると拡大写真でご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ 
http://www.mokuyoudaiku.com/

人気blogランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願い致します
posted by mokuyoudaiku at 00:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

木工日誌 : 初ずくし

06・初日の出東京は元旦、曇り、二日、雨。
今年のスタートはあまりお天気がよくありませんでしたが、
ついにお日様がきれいに顔を出してくれました。

この輝きを身体に浴びていると
なんだか神聖な気分になるから不思議です。
今年もいいことがいっぱいあるといいですね。

06.初詣地元深川の富岡八幡宮に初詣に行ってきました。
日の出を撮影してからすぐに向かった為、
早朝で人も少なく、願い事をするには絶好のチャンスです。
きっと神様に私の声がバッチリ届いているはず。
しかし誤算もありました。
あまりに早朝だったので
楽しみにしていた甘酒やさんが出ていません。
しかたがないので夕方もう一度出掛けていきました。
八幡様の参道で甘酒フーフー。
これでなくちゃ初詣じゃない。
今年も始まったなあ~、としみじみ感じるひとときです。

写真をクリックすると拡大写真でご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ 
www.mokuyoudaiku.com

人気blogランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願い致します
posted by mokuyoudaiku at 00:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする

2006年01月02日