2006年04月26日

木工日誌 : 木箱

箱・チェリー・ウォールナット左=材チェリー無垢
W350mm×D350mm×D50mm
右=材ウォールナット無垢
W350mm×D250mm×D50mm

何てことない普通の箱です。
中を格子状に組んで仕切ってあります。

箱・チェリーチェリーの箱は底板が付いていますが、
底板は無垢材ではなくベニヤ芯に突き板(単板)を
貼ったものを使用しています。

無垢板でこの幅のものを用意するのは難しく
板反りの問題もあるので突き板貼りを使用しました。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.co.jp/
メールは下記アドレスを入力もしくはホームページから
mokuyoudaiku@s6.dion.ne.jp
TEL 03-6425-6767
FAX 03-6425-6768

会社概要

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 10:32| Comment(0) | 木工 | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

木工日誌 : 飾り材

飾り・ナラ・丸模様材=ナラ無垢
60mm×60mm×30mm

材の裏側を旋盤に固定して回転させながら
表面に丸模様を付けていきます。
枠材のコーナー部分に挟んだり、複数個を並べて
飾りとして使用します。

ブティックや雑貨屋さんの陳列棚などにさりげなく使われているので
商品だけでなく周りもちょっと見渡してみてください。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.co.jp/
メールは下記アドレスを入力もしくはホームページから
mokuyoudaiku@s6.dion.ne.jp
TEL 03-6425-6767
FAX 03-6425-6768

会社概要

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 10:16| Comment(0) | 木製小物加工品 | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

木工日誌 : お花が次々


シャクヤク鉢植えで育てていたシャクヤク。
元気がなくなったので地植えにしたら
こんなに見事に花を咲かせてくれました。

植物ものびのびがいいのでしょうねえ。

それにしてもこのお花、もったいないくらいに豪華ですね。
開花して今日で3日目ですがいつまで咲いていてくれるやら。

お花は散ってしまうからよけい美しい。
そうは思っていても少しでも長く咲いていて欲しいなあ。

外を見渡せばさまざまなお花が我も我もと咲き誇り
ひとつひとつをじっくり味わう余裕もないくらい。
本当に美しい、このごろの東京花事情です。

今日は穀雨。 ありがたい季節です。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願いいたします
posted by mokuyoudaiku at 22:01| Comment(13) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

木工日誌 : 青木村の我楽多工房さんを訪ねて

青木村・1長野県の青木村へ行ってきました。
HPでもお付き合いいただいている
我楽多工房さんを訪ねる旅です。

訳あって通常のルートから外れ、山越えをして向かいます。
轍にはまって車のお腹を擦らないように注意深く進みます。

途中、ヤマドリらしき鳥が前を横切りました。
野生動物の住処に入り込んでいるのですねえ。ちょっと通してくださいな~♪

青木村・2気持ちのいい快晴に恵まれ、峠越えの気持ちのいいこと。
素敵なお仲間達にもうすぐ会えると思うと楽しさも倍層です。

我楽多さん、肥後の守さんご夫妻、書龕洞さん・車玩童さん、
もうすぐ着きま~す。


青木村・3今回が工房を訪ねる初めての機会です。
憧れの我楽多工房さんをついに拝見しました。
この小さな工房から(本当に小さくて高性能)
あの玄人はだしの作品たちが生まれるのですね。
工房の中には必要なものが全て収まっていました。
体をひねれば欲しいものに手が届く、
そんな感じのすてきな工房です。

青木村・4超かんたんお料理。ガーリックトーストを焼いています。
肥後の守さんご夫妻が本格的な川魚の燻製を
作ってくださったその後のオキ火がトーストにちょうどいい!

薪の火を使ったらトーストだって極上の味です。
焦がさないようにしっかり見張ります。



青木村・5アチチ アチチ と言いながらいくつ味見をしたことか。
舌がしびれそうなにんにく味です。
さあさあ、みんなで食べれば怖くない。
食べない人は地獄ですよ~。





青木村・6別所温泉近くで通りかかったお蕎麦屋さん。
ここはおいしそうと衝動的に入りました。
旅先の小さなギャンブルですね。
今回の賭けは大勝ちでした。
感動するほどとてもおいしいおそばに出会いました。
石臼挽き蕎麦職人 み田村
上田市別所温泉1859-12 0268‐38‐2739

青木村・7美術館めぐりも旅の楽しみのひとつです。
小さいながらとても風情のいい信濃デッサン館。

ポッポの好きな村山槐多の作品がいくつかあります。

天然木のベンチに腰掛けて心を空っぽにして絵をながめます。

青木村・8信濃デッサン館の別館、無言館は少し離れた山の上です。
絵だけがあるのではなく、若い魂の生への情熱が
あたりに漂っているような場所でした。

いつか、いらしてみてください



青木村・9川の両岸に掛けられたたくさんのこいのぼり。
川の上流から風が吹いていれば川を逆のぼるこいのぼり。
それが反対だと海に向かうこいのぼり。
この時は風が弱かったのでこい達はどうしてよいやら
悩んでいました。

さて、次の楽しみは、ゴールデンウイークですねえ!
写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願いいたします
posted by mokuyoudaiku at 18:02| Comment(4) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

木工日誌 : 木球・米杉

木球・米杉・115丸材=米杉無垢
直径115mm球

杉材は杢目がはっきりと出るので大きな球になると
面白い模様になっています。
隣にあるブナ材直径30mm球と比べてみると
大きさや杢目の違いがよくわかります。

但し杉やヒノキなどの針葉樹系は木が柔らかいので加工をすると
表面がボソボソになりやすいので広葉樹などの堅木に比べると
仕上がりぐあいが少し悪くなります。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.co.jp/
メールは下記アドレスを入力もしくはホームページから
mokuyoudaiku@s6.dion.ne.jp
TEL 03-6425-6767
FAX 03-6425-6768

会社概要

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 10:11| Comment(5) | 木球・木玉 | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

木工日誌 : 円錐・丸棒


円錐・丸棒・1材=ブナ
円錐 高さ70mm 底辺70mm丸
丸棒 高さ70mm 太さ70mm丸

同じ大きさの円錐と丸棒です。
リング状のものを製作する時の型に使用します。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.co.jp/
メールは下記アドレスを入力もしくはホームページから
mokuyoudaiku@s6.dion.ne.jp
TEL 03-6425-6767
FAX 03-6425-6768

会社概要

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 16:42| Comment(0) | 木製丸棒 | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

木工日誌 : 風のおみやげ

富士山・06.0403昨日の風は凄かったですね。
せっかく咲いたサクラの花が散ってしまわないか
心配になるほど1日中強風が吹き荒れていました。

そんな中御殿場に行ってきました。
風のおかげで雲も霞みも全て吹き飛んで
それはそれは見事な富士山が現れていました。

地元の人に聞いても頂上から裾野までこれだけはっきりと見えることは
めったに無いそうで、チョ~ラッキー!ただひたすら富士山に見入ってしまいました。

平地ではすっかり春になっていますが雪をたっぷりと蓄えた山頂の春は
まだまだ先のようですね。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願いいたします
posted by mokuyoudaiku at 13:21| Comment(4) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

木工日誌 : はなはなはな~


さくら・06・1やはりこの週末の話題はさくらです。
木場公園近くの川沿いに桜並木があります。
幅2メートルほどの遊歩道に
そぞろ歩きの人々が集います。
派手な宴会カラオケとは無縁のお花見です。
まだ木が若く、枝の位置が低いので
桜の花のほのかな香りが鼻をくすぐります。
ああ、いいですね。 満開のさくら。

さくら・06・2橋の上から川辺全体を見渡そうとしたら、
向こうからカヌーの一群がやってきました。
川はただ水が流れているだけの通りではないのですね。
川は交通手段でもあったのです。
人々が橋の上から手を振ります。
水面を行く人たちも櫂を上げて応えます。
「行ってらっしゃ~い」
「このあとのビールがうまいんですよ~」
誰もが多分初対面なのに、陽気に笑顔を交わします。
水は人の心にもいい、って、本当ですね。

さくら・06・3さくらの美はさまざまに挙げられますが、
そのひとつにお花と幹の色の組み合わせがあると思います。
黒っぽい幹とほんのりうすい桃色。
色どりが本当にお似合いだと思いませんか?
もしさくらの幹が白樺のような色だったら
こんなに綺麗と感じないかもしれません。
理屈はさて置き、さくらが満開ですよ~!
今年もこの美しさをしっかり心にきざみましょう。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング  
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願いいたします
posted by mokuyoudaiku at 21:51| Comment(4) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする