2006年04月02日

木工日誌 : はなはなはな~


さくら・06・1やはりこの週末の話題はさくらです。
木場公園近くの川沿いに桜並木があります。
幅2メートルほどの遊歩道に
そぞろ歩きの人々が集います。
派手な宴会カラオケとは無縁のお花見です。
まだ木が若く、枝の位置が低いので
桜の花のほのかな香りが鼻をくすぐります。
ああ、いいですね。 満開のさくら。

さくら・06・2橋の上から川辺全体を見渡そうとしたら、
向こうからカヌーの一群がやってきました。
川はただ水が流れているだけの通りではないのですね。
川は交通手段でもあったのです。
人々が橋の上から手を振ります。
水面を行く人たちも櫂を上げて応えます。
「行ってらっしゃ~い」
「このあとのビールがうまいんですよ~」
誰もが多分初対面なのに、陽気に笑顔を交わします。
水は人の心にもいい、って、本当ですね。

さくら・06・3さくらの美はさまざまに挙げられますが、
そのひとつにお花と幹の色の組み合わせがあると思います。
黒っぽい幹とほんのりうすい桃色。
色どりが本当にお似合いだと思いませんか?
もしさくらの幹が白樺のような色だったら
こんなに綺麗と感じないかもしれません。
理屈はさて置き、さくらが満開ですよ~!
今年もこの美しさをしっかり心にきざみましょう。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング  
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願いいたします
posted by mokuyoudaiku at 21:51| Comment(4) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする