2006年05月31日

木工日誌 : 松本クラフトフェア・パート2

クラフトフェア・5<こどものフェルトくつさん>

かわいいお靴がいっぱい。
全てフェルト製です。
3歳くらいのこどもが履けるのですって。
おとなのもないですか? と、つい聞いてしまいました。
こどもに還って履きたいはきたい。


クラフトフェア・6<糸屋さん>

欲しいなぁ。 でもこれなにに使うの?
心の中で自問自答したのがこの素材屋さん。
写真で見てもいまだに、欲しいなあ。 でも・・・。


クラフトフェア・7<天使のカップ屋さん>

すぐに使えるものといえばこのカップです。
両側に耳のような飾りがついていて、
まるで天使のカップみたいでしょ?
底には貝殻型のデコボコがついています。
釜入れの時に貝のかけらを台にして焼くからだそうです。

クラフトフェア・8<アドレナリンの鍛鉄師>

鍛鉄ってご存知でしょうか?
日本風に言えば鍛冶屋さんなのですが、
鍛鉄はヨーロッパの技術だとか。

鉄を熱して打つ、その姿は芸術的でした。

クラフトフェア・9<笑ってる石の口>

ぬふふふふ! 石が笑ったっていいじゃないか。
松本クラフトフェアは自由で創作的な雰囲気に満ちています。

お仲間を集って、参加したくなりました。

まだまだレポートは続きまよ~!

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング  
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願いいたします

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 13:26| Comment(4) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする