2006年06月26日

木工日誌 : グリップ


グリップ・けやき材材=けやき無垢
長さ200mm 太さ30mm丸/20mm丸 ホゾ12mm丸

釣竿のグリップとして使用します。

けやき材は色、木目ともとても綺麗で他の材にはない
独特の高級感を味わうことができます。
こんな竿で釣られる魚はきっと高級魚なことでしょう???

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.co.jp/
メールは下記アドレスを入力もしくはホームページから
mokuyoudaiku@s6.dion.ne.jp
TEL 03-6425-6767
FAX 03-6425-6768

会社概要

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 20:41| Comment(2) | 木製小物加工品 | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

木工日誌 : 手しごとの友

お茶先日あるお友達と久しぶりに会いました。
元気そうな笑顔と変わらない親しみ。
気の合う友と会うと心が生き返ります。

まるで申し合わせたみたいにお互いに手作りのものを持参していました。
彼女は私のために、私は彼女のために、会う日に間に合うように作ったものです。

これは彼女自作のお茶。もちろん無農薬、添加物なし。
自宅のお茶の木の新芽を自分で摘んで、蒸して乾かし、手もみで仕上げたのだそうです。
ありがたいです。

家に帰ってからお茶をいれてみました。
どんな香りがしたと思います?それは、素朴で清らかで上品な、高原で早朝に鳥のさえずりを
聞いているような、最高の香りでした。

緑茶独特の渋みは軽く、香りの高さを一番に感じるお茶。
お茶の用意をしているうちからその香りに癒されました。
Mちゃんありがとう。 ほんとうにおいしい。

手づくりのものは力を持っていますね。手からものに、心が移るのでしょう。

ブログを通じてもそんな方々にたくさん出会いました。
木工でも手工芸でも園芸でもセラピーでも、手しごとの人々の手は、人を幸せにする手ですね。

え? 私の贈り物ですか? ・・・ぞうきん。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願いいたします

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 13:51| Comment(8) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

木工日誌 : テーブル脚


スプルス集成材・脚材=スプルス集成材
W440mm×H380mm×D200mm
両木口に100R1/2の面取り加工
大理石の天板の脚として使用します。

厚み200mmの集成材は1工程で製作出来ないので
厚み100mmのものを2枚重ねの再合板で製作しました。
100Rの面も1回では取り切れないので小さいR面から何回かに分けて
段々大きな面を取っていきます。

また100Rの刃物はかなり大きく市販されているものは無いので
職人がグラインダーで刃物を成形してから加工をしていきます。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.co.jp/
メールは下記アドレスを入力もしくはホームページから
mokuyoudaiku@s6.dion.ne.jp
TEL 03-6425-6767
FAX 03-6425-6768

会社概要

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 14:28| Comment(4) | 集成材 | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

木工日誌 : 切抜き文字

切り抜き文字・1材=ホー
横200mm×縦170mm×厚み25mm
上から(平面から)見ると楕円形になっています。

中央にお客さまよりデザインされた
S字を切り抜いています。

切り抜き文字・2横から見たところです。

厚みに対しても全体になだらかな山形の傾斜になっています。

円ではなく楕円なのでこの傾斜をつける加工に
とても手間が掛かります。

切り抜き文字・3加工時に割れてしまった失敗作ですふらふら

加工が複雑になるほど失敗するリスクも多くなってしまいます。
極力失敗しない方がいいのは当たり前ですが・・・。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.co.jp/
メールは下記アドレスを入力もしくはホームページから
mokuyoudaiku@s6.dion.ne.jp
TEL 03-6425-6767
FAX 03-6425-6768

会社概要

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 14:38| Comment(2) | 木工 | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

木工日誌 : 東京湾のアサリ


あさりきょうの東京湾を見てくださっているみなさま、
いただきものですが、東京湾のアサリです。

このごろ問題になっている、潮干狩りの家族連れに大顰蹙の
本格的装備の漁をするするような方ではないので
どうぞご安心ください。

ご隠居さんが熊手ひとつでちょぽっととってきたものの御裾分けだそうです。

海水のままくださいました。間に合わせの洗面器に入れて10分ほどそっとしておくと
これこのように、アサリたち殻を開いて口を出しています。

もぞもぞ動いて、なんだか見ていて飽きません。
「えさはなんだっけ?」 なんて、つい飼うような気分になってしまいますが、
ちがうちがう、これ、食べちゃうのです。

工業製品と違って大きいもの小さいのも色が薄いのも黒っぽいのも、
殻が割れてるのもいろいろいます。
長く口をを伸ばして斜め後ろの貝にちょっかいを出しているアサリ、
他の貝の下にもぐろうとするアサリ、と個性豊か。
時々指でつついてみたりして。
するとアサリの逆襲、ピュ~ッと水を浴びせられます。
ああ、たのしい。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願いいたします

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 10:49| Comment(5) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

木工日誌 : 歯車


歯車材=ナラ無垢
直径・200mm 厚み15mm

先日ご紹介した8角形棒の両木口のホゾに差し込んで
機器の歯車として使用します。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.co.jp/
メールは下記アドレスを入力もしくはホームページから
mokuyoudaiku@s6.dion.ne.jp
TEL 03-6425-6767
FAX 03-6425-6768

会社概要

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 11:21| Comment(2) | 木製小物加工品 | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

木工日誌 : 8角形棒


8角形棒材=タモ無垢
長さ・800mm 太さ・50mm角 ホゾ・25mm丸

機器の軸として使用します。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.co.jp/
メールは下記アドレスを入力もしくはホームページから
mokuyoudaiku@s6.dion.ne.jp
TEL 03-6425-6767
FAX 03-6425-6768

会社概要

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 10:57| Comment(0) | 木工 | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

木工日誌 : 「北の森工房」さん


北の森工房弊HPにリンクしていただいている
「北の森工房」さんの展示会に行ってきました。
http://www.kitanomori.com/

北の森工房さんはご家族全員がものづくりをなさっています。
お父様は木工、奥様とお嬢さん方は陶芸・鍛鉄・
ガラス細工(トンボ玉)など。
創作の喜びをご家族で共有なさっているとても温かい展示会でした。

木工は花器、照明器具、アクセサリーなど。
使われている材はケヤキや桑が多く、木のこぶや違う木を組み合わせた作品には
木を大切に活かして使っていらっしゃる北の森工房さんの優しさが感じられました。

優しい色合いと手触りの陶器、とても雰囲気のある鍛鉄のアクセサリー、
ダイナミックでしかも繊細なトンボ玉、欲しくなってしまうものがいっぱいでしたが、
ひとめぼれした木のアクセサリーをひとつ、求めてきました。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング  
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願いいたします

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 12:16| Comment(4) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

木工日誌 : 松本クラフトフェア・番外編

クラフトフェア・20こどもが遊べるこんなブースは大人気。
いろいろ趣向を凝らして大人だけでなく
子供も楽しめるフェアです。




クラフトフェア・19でもやっぱり楽しんでいるのは大人達。
売り手も買い手も個性的。

展示品だけでなく人を見学しても楽しいフェアでした。



クラフトフェア・22松本は大きな街ですが車で少し走れば
こんな風景に出会えます。
静かで落ち着ける山あいのいで湯のせせらぎ。
夏にはきっと蛍がきれいでしょうね。

この川沿いにたつお宿での~んびりと温泉につかって
あぁ~、極楽!極楽!
クラフトフェア・21お宿の朝食でハチミツのかかったヨーグルトを頂きました。
この巣箱の自家製ハチミツなのだそうです。
美味しかったあ!

松本の旅日記を4回にわたりお付き合いいただき
ありがとうございました。

明日への夢がふくらむ旅になりました。次のお楽しみは、夏休みですね~♪

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願いいたします

ブログトップ


posted by mokuyoudaiku at 14:07| Comment(2) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

木工日誌 : 安曇野

安曇野・1<高台からの眺め>

クラフトフェアをしばし離れて、
今回は自然の中を歩いてみます。



安曇野・7<水車は「夢」の舞台>

安曇野はきれいな水が野を潤している土地です。
水量は豊富ながら急流ではなく、
川はゆったり流れている印象です。


安曇野・8<水車と水草>






安曇野・3<わさび育つ>

清流といえば、わさびの栽培に適しています。
そんなわさびの農園を歩きました。



安曇野・4<わさび田全景>

おいしい空気、そよぐ風。 耳を澄ませば小鳥のさえずり。
その美しい声のほかに何か低くせまるような音が聞こえます。
これまで聞いたことのないような音です。

広大なわさび田とそれを包み込むようなアカシアの森。
アカシアはミツバチの蜜源でもあります。お花のひと房に1~2匹のミツバチが訪れていました。

安曇野・9<アカシアの道>

アカシアの森の小道を歩きながら、いろいろ想像しました。
一本のアカシアの周りを100匹のミツバチが
飛んでいるとする。
アカシアの木はこのあたり一帯に多分数千本。

するとミツバチの数は・・・。 電卓!

安曇野・6<子供の後姿>

無数のミツバチの羽音が森全体で共鳴して
このなんともいえない低い「ムーン」という音に
なっているのでは? 
「どこかに巣箱があるんだよ」、という声もありましたが、
ここは桃源郷のような安曇野ですもの、
ロマンチックに想像してみるのもいいですよね。

レポートはまだ続くのです。お付き合いをよろしく(^0^)

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願いいたします

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 20:31| Comment(5) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする