2006年06月01日

木工日誌 : 安曇野

安曇野・1<高台からの眺め>

クラフトフェアをしばし離れて、
今回は自然の中を歩いてみます。



安曇野・7<水車は「夢」の舞台>

安曇野はきれいな水が野を潤している土地です。
水量は豊富ながら急流ではなく、
川はゆったり流れている印象です。


安曇野・8<水車と水草>






安曇野・3<わさび育つ>

清流といえば、わさびの栽培に適しています。
そんなわさびの農園を歩きました。



安曇野・4<わさび田全景>

おいしい空気、そよぐ風。 耳を澄ませば小鳥のさえずり。
その美しい声のほかに何か低くせまるような音が聞こえます。
これまで聞いたことのないような音です。

広大なわさび田とそれを包み込むようなアカシアの森。
アカシアはミツバチの蜜源でもあります。お花のひと房に1~2匹のミツバチが訪れていました。

安曇野・9<アカシアの道>

アカシアの森の小道を歩きながら、いろいろ想像しました。
一本のアカシアの周りを100匹のミツバチが
飛んでいるとする。
アカシアの木はこのあたり一帯に多分数千本。

するとミツバチの数は・・・。 電卓!

安曇野・6<子供の後姿>

無数のミツバチの羽音が森全体で共鳴して
このなんともいえない低い「ムーン」という音に
なっているのでは? 
「どこかに巣箱があるんだよ」、という声もありましたが、
ここは桃源郷のような安曇野ですもの、
ロマンチックに想像してみるのもいいですよね。

レポートはまだ続くのです。お付き合いをよろしく(^0^)

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願いいたします

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 20:31| Comment(5) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする