2006年07月31日

木工日誌 : スイカを買いに三浦まで

三浦・スイカ・1東京から2時間弱で行ける畑が神奈川県の三浦半島にはあります。

今、ちょうどスイカの時季なのです。大好物です。スイカ。
例えばちょっとお腹の具合が悪い時だって、
スイカを食べてお腹が痛くなるのなら本望。
あとさき考えずに食べてしまいます。それくらい好きです。

三浦・スイカ・4でで~んと大きな、これは大玉、
10キロを軽く超える金時スイカです。

まるまんまのスイカに包丁を入れてふたつに割る時の
あのなんとも言えぬいい匂い、忘れていませんか?
この頃スーパーでカットされたスイカしか買いませんから。
重いし、高いし。

三浦・スイカ・3「さあ、切るぞ」 包丁を入れると同時に息を吸い込みます。
これこれ、この香り。

ところが予想もしない事態です。
香りを優雅に味わっている場合じゃなくなりました。
切れ目を入れた途端、スイカが自分の重みで左右にはじけ割れます。
まるで生きているみたいです。
だれか~! そっち側おさえて~。 スイカを半分に切るには人がふたり、必要です。
味はもちろん歯ざわり、香り、すべて最高でした。
丹念に作られたスイカなのだなあと、農園のご主人のよく日焼けした笑顔が頭に浮かびました。

次回はおさかな編です。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング  
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願いいたします

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 13:48| Comment(2) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

木工日誌 : 飾り柱


飾り柱・カツラ材=カツラ
左・高さ110mm×太さ80mm丸 
右・高さ 70mm×太さ50mm丸
店舗のディスプレイとして使用します。

上部の平面部分に見えている丸穴は旋盤に挟んで
抑えてた時の跡です。
写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.co.jp/
メールは下記アドレスを入力もしくはホームページから
mokuyoudaiku@s6.dion.ne.jp
TEL 03-6425-6767
FAX 03-6425-6768

会社概要

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 14:58| Comment(0) | 木製飾り柱 | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

木工日誌 : 照明BOX

リング・照明BOX・1材=スプルス集成材
直径2000mm丸  断面200mm×200mm  

ホテルなどの天井に付いている照明(シャンデリア)を
囲っているBOXの縁の飾りに使われます。
円を4分割で製作してそれぞれに面加工をした後に
ボルトで繋いでいきます。

リング・照明BOX・2こちらは直径が600mm、断面は150mm×150mmで
まだボルトで接続される前の状態です。

シャンデリアは建物の飾りですが、その飾りを飾っている
部品もあるのでちょっと眺めてみてください。
縁の下を地下から支えている力持ちです。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.co.jp/
メールは下記アドレスを入力もしくはホームページから
mokuyoudaiku@s6.dion.ne.jp
TEL 03-6425-6767
FAX 03-6425-6768

会社概要

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 10:33| Comment(0) | 木製リング | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

木工日誌 : 組み紐編み機

組み紐編み機・1材=スプルス無垢
写真上段    土台   直径300mm丸 厚30mm
写真2段目左 編み台 直径170mm丸 厚25mm
写真2段目右 編み輪 直径240mm丸 厚15mm
写真3段目左 支柱   長さ308mm   太さ30mm丸
写真3段目右 糸巻き  長さ40mm    太さ14mm丸
写真下段    吊り棒  長さ480mm   太さ10mm丸

組み紐編み機・2土台と編み台を支柱で固定して、
編み台の外側に編み輪を乗せて回しながら編んでいきます。
写真では糸巻きは下に置いてありますが、
実際には糸巻きに巻いたいろいろな色の糸を編み輪に通して
吊り下げて使用します。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.co.jp/
メールは下記アドレスを入力もしくはホームページから
mokuyoudaiku@s6.dion.ne.jp
TEL 03-6425-6767
FAX 03-6425-6768

会社概要

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 10:06| Comment(2) | 木工 | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

木工日誌 : 葉っぱのゾーキン


雑巾へたっぴーです。自分でも呆れます。
以前話題にした暇つぶしの簡単ゾーキンです。

みごとに糸目がヨタッテいます。
本当は出したくないのですがコメントで
「できたらUPします」なんて書いてしまたものねえ・・・。

解説など、特にございませんが、古いトレーナーの切れ端を2枚合せで縫ったものです。
したがって分厚くなってしまい、ぎゅっと絞って干しても生乾きになる→くちゃ~い 非・すぐれものです。 
だから濡らせません。それでもゾーキンなのでしょうか。 ああ!

次はもっと使えるものを作りたいと希望しております。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング  
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願いいたします

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 15:27| Comment(4) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

木工日誌 : 球体スピーカー・その2


木球・スピーカー・アサメラ・1材=アサメラ
直径130mm球 中心に穴あけ75mm丸

お客さまよりいただいた図面を元に製作をしました。
球体を座らせるための受け皿付きです。


木球・スピーカー・アサメラ・2この大きさの無垢材を加工すると中心の乾燥しきれていないところが出てきて木が動いてしまうので、一度粗取りをして乾燥してから再度仕上げの加工をするので、手間と時間がかかってしまいます。
でも出来上がった時の手触り、質感はなんとも言えないものがあります。
このスピーカーも実際に音が聞けなかったのが残念です。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.co.jp/
メールは下記アドレスを入力もしくはホームページから
mokuyoudaiku@s6.dion.ne.jp
TEL 03-6425-6767
FAX 03-6425-6768

会社概要

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 15:01| Comment(0) | 木球・木玉 | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

木工日誌 : 球体スピーカー

木球・スピーカー・セン・1材=セン無垢
外直径80mm球 内穴50mm丸
底面にコードを通すための穴あけ

お客さまよりスピーカーをお持込いただき
それに合わせて穴あけをしました。

木球・スピーカー・セン・2スピーカーをはめ込んだ写真です。
でもアンプに接続されていないので実際に音を聞くことは
出来ませんでした。

球体だけに音もきっとまろやかなことでしょうるんるんるんるんるんるん

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.co.jp/
メールは下記アドレスを入力もしくはホームページから
mokuyoudaiku@s6.dion.ne.jp
TEL 03-6425-6767
FAX 03-6425-6768

会社概要

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 13:39| Comment(0) | 木球・木玉 | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

木工日誌 : 円筒


円筒・色違い材=ブナ&ニヤトー
長さ200mm 直径外55mm丸/内45mm丸
ブナ材の間に赤色のニヤトー材を挟んで
アクセントにしています。

素材のうちにブナ材とニヤトー材を合板してから
丸加工をしていきます。
今回は円筒の厚みが5mmしかないために合板や丸加工をするときに
なかなか上手く加工が出来ずとても苦労をしました。
もう少し厚みがあれば加工もしやすく精度も上がるのですが・・・。
もっと上手く出来る加工方法がないか今後に課題が残る作業でした。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.co.jp/
メールは下記アドレスを入力もしくはホームページから
mokuyoudaiku@s6.dion.ne.jp
TEL 03-6425-6767
FAX 03-6425-6768

会社概要

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 11:29| Comment(4) | 木製丸棒 | 更新情報をチェックする