2006年09月26日

木工日誌 : 円錐形


円錐・穴あけ材=スプルス集成材
長さ160mm 太さ上40mm丸/下80mm丸
中心に30mm丸の穴あけ加工 縦方向に3分割

形が出来上がったものを分割すると鋸目の分だけ小さくなってしまので分割してから加工をしますが、上と下の大きさが違うので難易度の高い加工です。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.co.jp/
メールは下記アドレスを入力もしくはホームページから
mokuyoudaiku@s6.dion.ne.jp
TEL 03-6425-6767
FAX 03-6425-6768

会社概要

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 10:38| Comment(0) | 木製小物加工品 | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

木工日誌 : 銘木展示会

銘木展示会・1先週末に新木場で行われた銘木組合の展示会です。

銘木というのはいわゆる高級で貴重な木です。
材種はいろいろ、国産、輸入それぞれに、
美しい木材があります。


銘木展示会・2一般家庭で使うとしたら、一点豪華主義に床の間や
玄関たたき、あるいは家族団欒の中心となるテーブルに
ここだけはこだわって銘木を選ぶといった使い方でしょうか。

ほらほら、こんなテーブル、ちょっといいですよね。


銘木展示会・3木はよく乾燥させて使います。
乾燥が進むとこのような色になりますが、ひと皮剥けば(削れば)ため息がでるような木肌が出てきます。




銘木展示会・4木の模様にもいろいろあります。
もちろんふたつと同じ木目はありません。
その木が育ってきた歴史が木目に刻まれているのです。
そう思うと見た目の綺麗さに惹かれるだけでなく
愛おしさがこみあげてきませんか?


銘木展示会・5豪華?賞品が当たるお楽しみ抽選会と
抽選会の後の展示会お開きの情景です。

和気あいあい、いいですね。
会長さんのご挨拶もほのぼのしてました。


銘木展示会・6だいじだいじのお土産です。
器は抽選会で獲得。 わ~い!
木の札は入り口でもれなくいただけます。
ポッポはウォルナットとクルミをちゃっかり選びました。
この木札、なにに使おうかしら。
お目当ての銘木端材は時間が遅かったのでほとんど残っていませんでした。
でも話によるとかなりの量が用意されていたそうです。
来年は早めに出掛けることにしましょう。

まとめ:この展示会はお勧めです。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.co.jp/
メールは下記アドレスを入力もしくはホームページから
mokuyoudaiku@s6.dion.ne.jp
TEL 03-6425-6767
FAX 03-6425-6768

会社概要

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 11:11| Comment(6) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

木工日誌 : 大玉

木球・273mm球材=スプルス集成材
直径273mm球
一緒に写っている100mm球、30mm球と比べると
その大きさの違いがよくわかります。
さてここで問題です。
この球体は何かの型に使うのですが何の型になるのでしょうか?
ヒント:ミリ⇒寸 えっ、わかっちゃった? ドッカ~ンむかっ(怒り)

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.co.jp/
メールは下記アドレスを入力もしくはホームページから
mokuyoudaiku@s6.dion.ne.jp
TEL 03-6425-6767
FAX 03-6425-6768

会社概要

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 11:55| Comment(4) | 木球・木玉 | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

木工日誌 : 伝統技術展

東京都荒川区で伝統の技を受け継いでいる職人さん達が一堂に会して「あらかわ伝統技術展」が開かれました。

荒川伝統技術展・1こちらのブースは江戸指物です。
皆様ご存知、釘を使わずに木を組み独特な技法で
物を作る技術です。
木の美しさをとても大事にする技法で、
ポッポ憧れの世界です。


荒川伝統技術展・2木桶の手触り、忘れていませんか?
ほんの30年ほど前まではこれがなくては洗いものも
できなければちらし寿司も作れませんでした。
ひのきやさわら、柔らかくて肌に優しい木です。
使うほどに手になじむ道具たちですね。
(この中のひとつ、ポッポは買いました)

荒川伝統技術展・3竹の細工も独特の世界です。
1ミリくらいの細い竹を編んである花かごや美しい
すす竹のバッグなど見るものみな欲しくなってしまいます。




荒川伝統技術展・4伝統工芸はなにもお年寄りばかりが担っているわけではありません。
若い職人さん達が多いのは嬉しいですね。




荒川伝統技術展・5伝統工芸とひと口に言っても種類はさまざま。
それもそのはず、人が使う生活用品全てにそれを作っている人がいるのです。
友禅、ちょうちん、仏壇、刺繍、鍛金、はさみ、和竿
犬張子、人形頭、桐たんす、刷毛、たわし。


生活様式が変わり行く中、段々と使われなくなりつつあるものがあります。
石油製品に取って代わられてしまったり、そのもの自体を必要としなくなったり。
そんなものたちが、だけどとても美しく愛しいと、会場をひと回りして思いました。

会場に相撲甚句が朗々と響き渡るなか、あっち・こっちとふらつく現代の粋人たち。
奥の深い、いいもの見させていただきました。
あ~ どすこい、どすこい!

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願いいたします

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 15:26| Comment(6) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

木工日誌 : 銘木感謝祭

今年も恒例の「銘木ふれあい大作戦」と題して木材の町「新木場」で、「銘木とはどんなものなのか」「どんな種類があるのか」など、一般の方々に目で確かめて触れていただく催物が開催されます。
会場には圧倒されるほどのさすが新木場と思える品々が並びます。
当日は銘木端材の無料配布、銘木小物等の当たる大抽選会なども企画されています。

是非足を運ばれて懐かしい木の香りに包まれながらのひと時を楽しまれてはいかがですか。

日時 9月18日(祝) AM10:00-PM2:30 抽選会はPM2:00より
場所 東京銘木協同組合 東京都江東区新木場2-1-6 地図

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング

  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願いいたします

ブログトップ 
posted by mokuyoudaiku at 09:24| Comment(4) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

木工日誌 : スプーン立て

スプーン立て材=ラワン
長さ250mm×30mm×20mm
上面にスプーンを掛けるためのアール加工。
スプーンも引き出しにしまうのではなく、このように
装飾として収納すると素敵です。
でもよほど広いキッチンでないと無理ですね。
我が家の台所では・・・もうやだ〜(悲しい顔)

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.co.jp/
メールは下記アドレスを入力もしくはホームページから
mokuyoudaiku@s6.dion.ne.jp
TEL 03-6425-6767
FAX 03-6425-6768

会社概要

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 10:16| Comment(2) | 木製小物加工品 | 更新情報をチェックする