2006年11月24日

木工日誌 : ミツマタのつぼみ

みつまたの花勤労感謝の日、自分の勤労ぶりにご褒美をあげましょ、
と思い、大好きな某博物館で半日遊びました。
そこでみつけたかわいいお花です。
お花というよりつぼみのようです。
枝がきれいに三方向に分かれています。
「あっ!これってもしやみつまた?」
きっとそうに違いないと思って根元を見ると、
さすがは博物館、名札がちゃんと刺さっています。
ミツマタ。

秋につぼみをつけ、そのまま冬を越して三月に花を咲かせるそうです。
言わずと知れた紙の原料ですね。
ジンチョウゲ科なので花の香りもよさそうです。
三月、またこの木を訪ねてみましょう。
春が楽しみ~。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.co.jp/
メールは下記アドレスを入力もしくはホームページから
mokuyoudaiku@s6.dion.ne.jp
TEL 03-6425-6767
FAX 03-6425-6768

会社概要

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 17:21| Comment(4) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

木工日誌 : 指物(さしもの)の個展

箱幸・1「箱幸」さんの指物の個展に行きました。
指物の中でも特に小さいものをお造りになるのがお好きだそうです。
小さくても精密で実物大のそれと変わりなく作られた箪笥や箱物がずらりと並んでいます。
可愛いと同時にすご~い技に見とれてしまいました。

箱幸・2ぐぐっと寄って箪笥を見てみましょう。
これがこのサイズです(携帯電話と比較して下さい)。
造りは全て指物の技法(隠し蟻等)で作られています。
引き出しをひとつ開けて、閉めると、
他の引き出しが風圧で前に出てきました。
なんとも言えない感触です。

箱幸・3これはタナゴ釣りの仕掛けを入れる箱です。
釣り場で中身が落ちないようなさりげない工夫がされています。
こんな小さな箱なのに木の綺麗さが伝わってきて、
これ、釣り場に持って行けませんよね。



箱幸・4げんのう、かんな、けひき、道具のミニチュアです。
けひきは実物同様にくさびを緩めると幅を変えられます。





箱幸・5かんなとけひきをストラップにしています。
こんなストラップ、粋ですよねえ。
ぜひ現物をご覧いただきたいです。

江東区清澄3-3-23「Tea Room Gallery 楽庵」で
11月27日(火曜定休)まで開催中です。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.co.jp/
メールは下記アドレスを入力もしくはホームページから
mokuyoudaiku@s6.dion.ne.jp
TEL 03-6425-6767
FAX 03-6425-6768

会社概要

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 22:08| Comment(4) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする