2007年05月29日

木工日誌 : 07・松本クラフトフェア

07・松本クラフトフェア・1先週末行ってまいりました。
長野県松本市で毎年行われている
松本クラフトフェア。
会場はあがたの森の広場、屋外展示です。
多くのお店はテントの中ですが、
こんなふうに芝の上に直置きのお店もあります。

07・松本クラフトフェア・2出展者は木工だけでなく陶器や羊毛作品などもあり、
素材もさまざま、布、ガラス、金属、紙、石。
中でもやはり木工作品に足が止まります。
これは曲がった木を2枚張り合わせたテーブル。
この加工の難しさがわかるあなたは木工通です。
なにもわざわざこんなに曲がった木を・・・。
「もったいないから」と作者のことばでした。
印象に残った作品のひとつでした。

07・松本クラフトフェア・3こちらは木と鉄を組み合わせた作品。
足踏みミシンを連想しました。
椅子は座り心地、ヨシ!でした。




07・松本クラフトフェア・4何に使うのか、はたまたオブジェか?
よくわかりませんが目をひく作品です。
この近辺、とてもいい香りがしました。
作者に伺うと、ヒバ油で仕上げていらっしゃるそう。
いいもの教えていただきました。


07・松本クラフトフェア・5木彫に彩色したこんな動物作品もあります。
ネコが殆どですがヒツジやミミズクもかわいい!
それぞれの表情がちょっとヒネていて
そこが魅力的でした。



07・松本クラフトフェア・6道端で突然ミニコンサートが始まる。
この雰囲気がいいですね。
アフリカなのでしょうか、のんびりしたメロディー。
この楽器の名前、忘れてしまいました。
音楽が簡単に始まる空間をこのごろ持てずにいます。




07・松本クラフトフェア・8松本の近くに名水の里があります。
名前も美しい、安曇野。
このあたりはニセアカシアの木が多くて、
今頃がちょうど花の時季です。
幸せの香り、お届けしたいです。

07・松本クラフトフェア・7名水を利用してわさび栽培が盛んです。
この水車は黒沢明さんの映画、
「夢」に登場した、と去年も書きましたネ。
また来てしまいました。
ペットボトルにお水を汲んできました。




07・松本クラフトフェア・9田植えが終わったばかり。
鏡のような田にそろそろ夕日が照ります。
思い出いっぱいの心とカラッポになったお財布持って
おうちにかえりま~す。


写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願いいたします

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 15:24| Comment(4) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする