2007年07月11日

木工日誌 : しまんろくせんにち

ほうずき市・1東京・浅草のほおづき市に出掛けました。
おまじないに聞こえませんか?
しまんろくせんにち(四万六千日)
7月10日にお参りすると四万六千日お参りしたと
同じご利益がある、そんな日が昨日でした。
小雨の降り続く中でしたがさすが四万六千日とあって
沢山の人が足元を気にしながらほおづきを選んでいました。


ほうずき市・2ほおづき市で売られているのはほおづきばかりではありません。
この風流な植木は「吊りしのぶ」といいます。
縁の下などに吊るして緑の鮮やかさと江戸風鈴の涼やかな音を楽しむ素敵な飾りです。
土台になっている木にコケがびっしり生えるとそれはもう美しいものです。
ほうずき市・3枯らしてしまうと勿体無いからといつも買うのをためらっていたのですがことしはひとつ選んできました。
風鈴も○○産のではなく江戸風鈴職人さんが作ったものにわざわざ付け替えてもらいました。
江戸風鈴は絵がガラスの内側に描かれています。
機会があったらガラス面を触ってみてください。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 19:49| Comment(4) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする