2007年11月28日

木工日誌 : 紅玉りんごのジャム

りんごジャム・1夏に旅先で食べて以来、とりつかれてしまったりんごジャム。
りんごのシーズンがいよいよ来たので
ホイホイ大喜びで作ってみました。
夏からの夢かなっておいしくできました。





りんごジャム・2なにごとも準備がだいじ。
ジャムが首尾よくできたあかつきに、密封するためのびんとふたを
こうしてグラグラ煮るのです。
清潔なふきんの上に斜めにふせて乾かしておきましょう。
なんでも捨てずにとっておく性分。
こんな時には鼻高々です。



りんごジャム・3りんごの品種っていろいろありますね。
ふじ、ゴールデンデリシャス、王林、
千秋や新顔では秋映(あきばえ)など。
旅で出会ったジャムの品種は紅玉でした。
昔なじみのあの紅玉です。
やや小型、甘みと酸味がほどよくて、つやつやお肌にかわいい赤。
このままつまんでも、あっ、おいしい!


りんごジャム・4ホーローのお鍋で煮るのです。
お水は入れません。
りんごとグラニュー糖と輪切りのレモン。
皮付きのままにしたのは旅先ジャムもそうだったから。
紅玉の皮の、このかわいい赤が
ジャムを優しいピンクに染めます。

りんごジャム・5だいぶ煮えてきました。
レシピでは木杓子でかき混ぜると。
うんうん。 弱火にしてもう少し。

そんなふうにして作りました。
人にあげたら好評でした。

でも・・・買ったばかりのホーローの鍋、焦がした。
あの推理ドラマがいけないのよ~。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング  
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 11:37| Comment(4) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

木工日誌 : 木球台座付き

木球・170mm球・120mm球・台座付材種:メープル
木球:直径170mm球・直径120mm球
台座:400mm×200mm×40mm




木球・170mm球・120mm球・台座付・2台座の表面を木球が座るようにお椀状に掘り込んで、厚み部分には文字を彫刻してあります。

店舗のシンボルとして飾られています。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.co.jp/
メールは下記アドレスを入力もしくはホームページから
mokuyoudaiku@s6.dion.ne.jp
TEL 03-6425-6767
FAX 03-6425-6768

会社概要

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 10:36| Comment(0) | 木球・木玉 | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

木工日誌 : テーブル脚

テーブル脚・メルクシパイン・1材種:メルクシパイン集成材
高さ320mm×80mm×80mm

テーブルの脚として使用します。





テーブル脚・メルクシパイン・2
お客様より左の写真が送られてきて「こんな感じで作ってください」とご依頼をいただき写真と睨めっこしながら製作をしました。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます




「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.co.jp/
メールは下記アドレスを入力もしくはホームページから
mokuyoudaiku@s6.dion.ne.jp
TEL 03-6425-6767
FAX 03-6425-6768

会社概要

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 10:42| Comment(0) | 木製飾り柱 | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

木工日誌 : 木球桃型

木球・桃型・ローズ・チーク材種:左ローズ無垢材・右チーク無垢材
直径35mm球 
上部を桃のように尖らせて下部に穴あけ5mm丸

弊HPに載っている桃型木球をご覧になったお客様よりご依頼をいただきました。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.co.jp/
メールは下記アドレスを入力もしくはホームページから
mokuyoudaiku@s6.dion.ne.jp
TEL 03-6425-6767
FAX 03-6425-6768

会社概要

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 11:42| Comment(0) | 木球・木玉 | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

木工日誌 : 六角木箱


六角木箱材種:ケヤキ無垢材
外径130mm×高さ50mm
蓋の上部に切り抜き文字(厚み10mm)を貼り付け

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます


「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.co.jp/
メールは下記アドレスを入力もしくはホームページから
mokuyoudaiku@s6.dion.ne.jp
TEL 03-6425-6767
FAX 03-6425-6768

会社概要

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 10:20| Comment(0) | 木工 | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

木工日誌 : おばけゆず

ゆずこれ、なんだと思う? って、知り合いから見せられたこれ。
ざぼん、ぼんたん、ぶんたん、知ってる名前を並べましたが違います。
ゆず! と嬉しそうな種明かし。

おっき~。
食べてしまうにはもったいないので今は玄関の飾棚にどっかり座っております。


ざくろこのざくろも大きいです。
実をいくつか食べてみたら、おいしい!
芯の近くに少し渋みがありますが甘酸っぱい爽やかな味です。
自然はありがたいなあ。


写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます


「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 11:25| Comment(2) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

木工日誌 : 江東ものづくりフェア 下の巻

ものづくり・09更紗染体験中です。
たくさんある型紙で順繰りに染色していました。
途中型紙(?)に水をかける工程があり、職人さんが口に含んだ水を「プーッ!」と勢いよく吹き出していてその音がすばらしくて感動的でした。
昔は畳屋さんがよく現場の通りで「プーッ!」ってやっているのを見かけたものです。

ものづくり・11衣装を替えたら噺家さんふうですね。
この包丁やさん、いい味でした。
すぐに切れなくなる使い捨て包丁と何年も研いで使う包丁の違い。
お話がとても心にしみ込む。
30年使える包丁を、持ちたくなりました。


ものづくり・15この道具は何ですか?
たまらずにお尋ねした実演です。
こんな道具を見たことありますか?
私はない!
カニや昆虫の足みたいです。




ものづくり・12お作りになったのはこの方です。
三味線の部品(風情のない呼び方)を象牙で作っていらっしゃいますが、それを作る為の道具もお作りになり、それが当たり前なのが職人さんの世界。



ものづくり・13刀のところと大違いでみなさん密着。
象牙に触る機会もこの頃少ないのか沢山の手がのびていました。




ものづくり・14木製のノギスを見せていただきました。
売っているのにちょっと細工したそうです。
普通の金属のノギスを使わないわけは、「当たりがやわらかいから」・・なるほどそうですよね。いい言葉です。



ものづくり・10見逃しませんよ、チャリティーコーナー。
こんなに安い簾を見ると大抵思いますよね、外国産か?って。
勿論聞きました、「これはこの辺で作られたものですか?」そしたら、「私が作りました」という御仁。
安さのわけを伺って大いに納得し、いくつか求めてまいりました。 しかも申し訳ないようなおまけぶり。
そのせいだけじゃなく、大満足の江東ものづくりフェアでした。
これはまた来年ものがせません。
今度は早起きして体験もしてみたいです。
忘れなかったら来年は事前にお知らせしますので、興味のある方はぜひお出掛けください。

江東ものづくりフェア

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング  
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 10:43| Comment(0) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

木工日誌 : 江東ものづくりフェア 上の巻

ものづくり・01江東区は昔ながらの工芸や、職人さんが今も伝統を守りながら生き続けているところ。
週末に覗いてきたのでちょっと見てやってください。

こちらは着付けの実演。  七五三? ちがいますよ~。
お相撲の呼び出しさんのお衣装を来場者に着付けているところです。

ものづくり・02ご存知江戸指物と組子、簾。
木の美しさをこんなに生かした工芸ってあまりないのではないでしょうか。
日本が世界に誇っていい文化ですね。



ものづくり・03隣の会場で体験教室が開かれています。
こちらは江戸指物の箸作りです。
作り終わったら持って帰れます。
もうちょっと早起きすれば間に合ったかも。
やりたかったです。


ものづくり・04「桐の文箱に文字を彫ろう」ですって。
講師の半纏にご注目を。
無形文、と読めますね。
この方も江東区の無形文化財保持者です。
伝統工芸士直接の指導による製作。
うらやましいなあ。
もうちょっと早起きすれば・・・。

ものづくり・05襖の製作中。
職人さんの格好はいつ見てもかっこいいです。
その辺にころがってるお道具も木のところがアメ色に変化していていいなあ。 さわってみたいなあ。



ものづくり・07日本刀ですよ、研いでいらっしゃるの。
あんなにぎゅっと握って、どうなってるの~?
見学もここではつい遠巻きになっています。
お仕事中の風情がまた、いいですね。
水を張った小判型の木桶は別の職人さんの作ったもの。
職人さん同志のつながりも感じます。

ものづくり・08手描友禅、わらびかな?
細かい作業の真っ最中、見学者がわさわさ歩いています。
それなのに職人さんはどこ吹く風。
自分だったら「あ~、気が散ってできない」なんてなりそうです。



ものづくり・06・・・と回っているうちに襖やさん、こんなにできています。
手を動かす、その確実な成果。
頭の中はきっともっと高速回転ですね。




写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング  
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 13:57| Comment(2) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする