2009年10月02日

木工日誌 : 09八ヶ岳オープンアトリエ・2

09・八ヶ岳オープンアトリエ・07ガラス作家さんの工房はおとぎの国です。
Rainbow Seeds Glass Workshop さん。
きれいきれいの連続で、欲しいものいっぱい。
ガラスのナマケモノのお土産を買った他に
飛び切りいいもの見つけました。

09・八ヶ岳オープンアトリエ・08それがこれ。 なんだかわかりますかねえ?
るつぼです。
普段は炉の中にあって、この中にガラスの原料が
とろけているのですね。
底に少しだけガラスが見え、きれいです。

09・八ヶ岳オープンアトリエ・09和工房さんのお茶杓などです。
お茶杓に見えるこんな木の模様を杢(もく)とか言いますが、
漆で余計にきれいさが際立っています。
木のこんな部分はあまり多くないので、
だから銘木とされていて、高級品です。

09・八ヶ岳オープンアトリエ・10ところ変わって、杢が全体に出ているのがこちら。
なんと引き出しの底板にまで
こんなに美しい部分を使っていらっしゃいます。
「見て見て!」 と引き出しを開けると、
仲間たちが「オ~!」とうなった机でした。

09・八ヶ岳オープンアトリエ・11テーブルの天板になりそうな栃杢の板です。
木はそれぞれ個性があって、
みんな違って、みんなアジがあります。
その中でもやはり美人さんの木というのがあり、
この板もそんな一枚です。

09・八ヶ岳オープンアトリエ・12他のべっぴんさんたち。
杢にもいろいろな模様があります。
調べてみるとおもしろいですよ。

このお宝たちは木と漆 大山工房さんで待機中です。


写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.co.jp/
メールは下記アドレスを入力もしくはホームページから
mokuyoudaiku@s6.dion.ne.jp
TEL 03-6425-6767
FAX 03-6425-6768

会社概要

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 12:06| Comment(6) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする