2005年05月15日

木工日誌 : 貯木場


70Gsh0003.jpg新木場の中にある丸太を浮かべておく堀です。
写真をクリックして拡大してみるとわかりますが、堀から工場につながるスロープがあります。
ここから製材工場の中に丸太を引き上げて製材をしていきます。
工場の中は機械の音で声が聞き取れない為昔からのサインで顔に指を当てて寸法の指示を出していきます。
現在は東南アジアなどの現地で製材してから輸入をしている為、新木場の工場で製材をすることはほんの僅かになってしまいました。

「工房 木よう大工」 ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com
posted by mokuyoudaiku at 20:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先ほどはコメントありがとうございます。
HP拝見しました!木材や加工品のことがとってもよくわかり、勉強させて頂きました。
今日の東京湾ときいてきいてのコーナ良かったです!
角乗りや東京湾の風景、いいですね。楽しく見させて頂きました。
また訪問させて頂きます!
Posted by igu-kun at 2005年05月16日 22:53
igu-kunさん、こんばんは。
こちらこそ突然書き込みをしてしまい失礼致しました。
私どものHPも見ていただきありがとうございます。
東京湾も何てことない風景ですが毎日みていると微妙な変化がわかってきて結構面白いものです。
是非また遊びにいらしてください。
Posted by murayama at 2005年05月17日 22:32
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック