2005年06月01日

木工日誌 : タモ集成材丸棒


20050601facca465.JPG材=タモ集成材
長さ3000mm 太さ60mm丸
フラットバー溝付き

フラットバーとは丸棒を受ける為の金物で、この上に丸棒を取り付けて手摺りとして使用します。

写真では溝が上を向いていますが実際には溝は下向きです。

丸棒に溝を付けるのは簡単なようで実はちょつと難しい作業です。

何故なら丸棒をそのまま加工すると刃物の抵抗で丸棒がねじれてきてしまい、そうすると溝も一緒にねじれて上手く金物に取り付かなくなってしまいます。

その為まず最初にねじれないようにガイドになる加工をしてから溝加工をするので四角いものを加工するよりも手間がかかってしまいます。

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.co.jp/
メールは下記アドレスを入力もしくはホームページから
mokuyoudaiku@s6.dion.ne.jp
TEL 03-6425-6767
FAX 03-6425-6768

会社概要

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 21:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 木製丸棒 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほど。言われてみれば確かに丸い棒に溝を掘るのは難しそうですね。勉強になりました!

東京湾のコーナー拝見しました。木材が船に曳かれている風景で自分にとっては珍しいのですが、その上に人が乗っているなんて驚きました!最初からあの状態で乗っているようですね、凄い!
あの職人さん、とても気持ちが良さそうでしたね。

リンクありがとうございました。。
Posted by igu-kun at 2005年06月01日 23:16
igu-kunさん、ようこそ。これからもよろしくお願いします。
あの丸太の上のヒト、すごいですよね。丸太の下は海です。人が乗っているのは本当に珍しく、あまり見かけません。
これは東京湾の西側を撮った写真で、もしかしたら南側には地震雲があったかもしれません。なんてことない東京湾にも日々なにかが起ります。ほぼ毎日の定点観察「きょうの東京湾」、今後ともよろしくお願いします。
Posted by ポッポ at 2005年06月02日 10:23
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック