2005年06月06日

木工日誌 : びわ・それから


20050606d8c47ed8.jpg緑だったびわ、黄色が濃くなってきました。
「そろそろ食べごろ?」
いえいえまだです。
もっと黄色が濃くなって、オレンジ色になり、
実がパンパンにふくれてきてからいただきます。

葉っぱもツヤツヤ、びわって本当にきれいです。
きれい・おししいだけじゃなく、びわは優秀。

腰痛の時にびわの葉湿布をしたことがあります。
結構いい気持ちです。

実はもちろん、種や葉をホワイトリカーで漬けると
おいしいびわ酒やお薬ができます。

でも、そんなに待てませんよね。

「工房 木よう大工」 ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com
posted by mokuyoudaiku at 13:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして!
いつも、「へぇ~知らんかったぁ、勉強になるわぁ」
(関西人です・・・)と感動しながら見させていただいてます。
実は、勝手に「お気に入り」にも登録させていただいてます。
びわ、おいしそうですね。
実はなっているところ、見たことありません。
でも、写真見るだけでもほんとにきれいです。
Posted by shiori at 2005年06月06日 22:40
我が家の近くの公園でもびわの木がありまして、昔取って食べてました。見つかると怒られましたが(笑)
びわ酒は一度飲んでみたいですね。
Posted by igu-kun at 2005年06月07日 01:16
shioriさんようこそ!リンクもありがとうございます。こちらもさせていただきます。
びわ、こちらではそこかしこに実っています。ですけど私は「おがたま」を知りませんでした。これはぜひ匂いを確認しなくては。楽しみです。
ゆっくり時間が流れるcafeなんて、とてもうらやましいです。そんな場所をひとつやふたつは持ちたいですね。
これからも宜しくお願いします。
Posted by ポッポ at 2005年06月07日 10:40
igu-kunさん、きっとその公園のびわはおいしかったのでしょう?びわの木もピンキリで、とくにおいしい実をならす木があるものです。
どれがその木かって、それは鳥が教えてくれます。鳥たちがたくさん集まる木はおいしい実をならしているものです。
びわ酒はおいしいですよ。作るなら今がチャンスなのですが、採るとすぐ食べてしまうのでいつまでたっても作れませ~ん。
Posted by ポッポ at 2005年06月07日 11:07
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック