2005年06月28日

木工日誌 : 木球・無垢材&集成材


200506287fdf7daf.jpg材=たも
左・集成材 右・無垢材

直径100mm球 (手前は30mm球)

無垢材を球にした時は木目が綺麗に出てきますが、
集成材は合板した時の線が出て木目も色んな模様で出てきます。

ただし大きな球になればなるほど無垢材では材料の手配が
難しくなってきてお値段も高くなってしまいます。

大きな球の時は集成材の方がお手軽ではあります。

集成材はあらゆる材種に対応できるので、小さなものしか
取れない材でも大きな球を制作することが出来ます。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.co.jp/
メールは下記アドレスを入力もしくはホームページから
mokuyoudaiku@s6.dion.ne.jp
TEL 03-6425-6767
FAX 03-6425-6768

会社概要

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 17:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 木球・木玉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先ほどメール拝見致しました。
真ん丸の木って魅力的ですよね。
丸いスピーカーを作ろうと思いついたのですが・・・
私もデザイン系のブログ書いてます。
まだまだ未熟ですが、よろしければお越し下さいませ。
Posted by 武田 仁 at 2005年08月01日 21:32
武田さん、ようこそおいでくださいました。
木球は本当に、これでなにか作りたくなる素材ですね。
特に銘木で作った木球になるともう触っているだけでシアワセです。
武田さんのデザインされたスピーカーと木の素材が出会うと、
とても素敵でしょうね。
なんとか作れるといいのですが…。
研究しておきますので、今後ともよろしくお願い致します。
Posted by ポッポ at 2005年08月02日 13:12
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック