2005年07月07日

木工日誌 : 玄関框


200507074b15f007.jpg表面=タモ突き板貼り  芯材=スプルス集成材

間口2000mm 両サイド500mmR×2 真ん中直1000mm
断面、縦150mm×横90mm

正面になるコの字の内側(写真左側)と上場にタモの突き板が貼ってあります。

突き板の厚みは通常0.6mmですが框は足で踏まれるので、
上場には2mmのものを貼り、正面には0.6mmの突き板を
2重貼りにしてあります。

アールと直を別々に作った芯材をボルトで接続した後に
見える部分に突き板を貼ります。

現場に取り付けると下場は床に、後ろはフロアーに隠れてしまうので
見た目には無垢材のように見えます。

大きな無垢材が減ってきている今ではお値段のこともあり
ほとんどの場合が突き板貼りで作られています。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます


「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.co.jp/
メールは下記アドレスを入力もしくはホームページから
mokuyoudaiku@s6.dion.ne.jp
TEL 03-6425-6767
FAX 03-6425-6768

会社概要

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 突き板貼り | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック