2005年07月20日

木工日誌 : 割れ止め


20050720b2d7b9dd.jpg未乾燥の米松無垢板をそのまま乾燥させると
割れが入ってしまう為、水で薄めたボンドを塗って
割れを防いでいます。

木材は乾燥していく時に収縮をするので板目の部分が
割れやすく、特に松系の材はその確率が高くなります。

表面だけでなく木口の部分にもしっかりと割れ止めを塗っておきます。

これでも絶対ではなく割れる木はやはり割れが入ってきますが
割れ止めをしておけば木口割れくらいでおさえられて
全体が割れずにすむので後で両サイドをカットすれば
綺麗な材として使用できます。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」 ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気blogランキング
  ↑  ↑  ↑
クリックのご協力をお願いします
posted by mokuyoudaiku at 21:49| Comment(7) | TrackBack(0) | 木工 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
我が家の座卓は、薪ストーブのおかげでよく乾燥して、木口が一カ所割れています。材を買ったときは「よく乾燥しているので割れない」と言われたんですけどね。
Posted by maytrout at 2005年07月21日 09:47
乾燥している材でも大気中の水分を吸ったり吐いたりしているので
たえず収縮はしています。
木は切り倒されて削られても生き続けています・・自然は凄いですね。
全面をしっかりと塗装で覆ってしまえば割れを防げますが
せっかくの天然の木なのに味気なくなってしまいますよね。
薪ストーブで割れた座卓、自然の姿でいいなあ、私は好きです。
でもあまり割れが進むようでしたら今以上に開かないように
養生をした方がいいかもしれませんね。
Posted by 管理人 at 2005年07月21日 11:56
maytrout さん、その座卓、拝見したいです。
なんの木ですか?
いつか気が向いたらで結構ですから
「薪ストーブ周辺のものたち特集」で見せてくださいまし。
(勝手に特集企画組んでスミマセン)
Posted by ポッポ at 2005年07月21日 12:29
座卓の木は欅です。
とても気に入っているのですが、すごく重くて、一人では持ち上げられないのが難点…。
近いうちに座卓の周辺環境が美しくなったらブログで紹介させていただきますね。
「モノ達特集」も前向きに検討します!
Posted by maytrout at 2005年07月21日 15:08
は~い、楽しみにしてます。
Posted by ポッポ at 2005年07月21日 16:08
勉強になります!
Posted by 空想 at 2013年03月16日 07:13
空想さま、見て下さってありがとうございます。
木で遊んでおりますが、ご笑覧頂ければ嬉しいです。
Posted by ポッポ at 2013年03月18日 14:23
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック