2005年07月28日

木工日誌 : 楠


20050728a7e1ec5f.jpg材=楠(クス)
長さ2500mm×幅880mm×厚み90mm

お客様からのご依頼でテーブルの天板用に加工します。

これだけ大きなものになるとプレーナーで削ることは
出来ないのでNCルーター(コンピューター制御)で加工します。

天然木なので割れや穴が開いていたりしますが
ご希望により埋めて平らにすることも出来ますし
この部分をデザインとしてお使いになる時は
そのままにして塗装をして仕上げていきます。

脚は取り付けせずに現場の台に設置します。

写真ではなく生で見ると存在感があります。
まさにオンリーワンのテーブルです。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます


「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.co.jp/
メールは下記アドレスを入力もしくはホームページから
mokuyoudaiku@s6.dion.ne.jp
TEL 03-6425-6767
FAX 03-6425-6768

会社概要

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 19:14| Comment(8) | TrackBack(0) | 木工 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんな写真見せられると、見入ってしまいます(笑)。
2500mmですか、立派ですねえ。
左側の湾曲したところもいい感じです。
Posted by maytrout at 2005年07月28日 21:14
この写真は、何故か伝わってきます。
「木っていいな~」と思い・・
場面を変えられず席を立ち・・
そして、また戻って見て・・
う~ん、今夜の冷酒は美味しい。
Posted by フーミン at 2005年07月29日 00:15
maytroutさんは欅の座卓をお持ちでしたよね。
木って樹木としては寿命を断ち切られているのに
板になっても生きているところがすごいと思います。
この板ですが、生で見ると、たいへんな存在感でした。
Posted by ポッポ at 2005年07月29日 13:09
フッフッ…フーミンさん、同感です。
木はいいお酒の肴になりますよね。
弊HPのリンクのお仲間に、それぞれ自作の木の器などを持ち寄り、
それを肴に木工談義をなさる方々がいらっしゃいます。
一度まぜていただきましたが、楽しかったです。
冷酒といえば、ある方から簡単どぶろくの製法を教わったのですが
これもきりりと冷やしたらおいしそうです。
Posted by ポッポ at 2005年07月29日 13:22
ポッポさんって、いつも素敵なメッセージをくださいますね。
有難うございます。
私は、あまり難しいことは苦手ですが、
心引かれるものには敏感です。
それが木のぬくもりだったり、素直になれるお酒でしょうか・・・
Posted by フーミン at 2005年07月30日 00:01
まるで子供が外から帰ってきてまっさきに麦茶を飲むように
帰宅後、キリリと冷やした吟醸酒をのどを鳴らしながらゴクゴク。
こんなことが楽しめる夏がやってきました。
でも吟醸酒をゴクゴクでは
手を掛け注意を払って作って下さった方々に
ちょっと申し訳ないでしょうかね。
ゴクゴクの後はもう、ものすごく素直です。
  おふろ~!  ねむい~!
と、これは素直というより堕落でしょうかね?フーミンさん。
Posted by ポッポ at 2005年07月30日 14:21
いいえ~(笑)堕落ではなく、やっぱり「素直」な人生ですよ!
私は、時々飲み過ぎて「何やってんだろう?」って反省します。
でも、この頃「楽しく幸せに呑むお酒は健康!」と思っています。
これからも感謝して、素直に美味しくいただきましよう。
 ※ 私は、ビール・ワイン・日本酒・焼酎等どれも好きなんです。
   幼い頃から好き嫌いが激しく、神経質な子だったので
   それぞれの味を(食べ物もお酒も)、こだわりなく
   楽しめるようになった今の自分を嬉しく感じています。
   これは、人間関係にも通じているんですよ。

Posted by フーミン at 2005年07月31日 01:09
楽しく幸せに呑むお酒は健康、そのとおりですね。
おいしくお酒を呑めるように
今日もがんばろ~。
Posted by ポッポ at 2005年08月01日 12:08
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック