2005年07月31日

木工日誌 : 銀座の家


20050731009e42d0.jpg銀ブラをしてきました。

銀座通りの歩行者天国は真夏の暑さにもかかわらず
大勢の買い物客で賑わっていました。

銀座通りから昭和通りに場所を移動したら
ビルとビルの谷間に昔ながらの木造の家が建っていました。

古美術品を扱っているお店のようですが
銀座のコンクリートに囲まれた中にポツンと一軒・・・
何かいいですよね、思わず足を止めてしまいました。

今度はお店が営業している時にもう一度来てみたいです。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」 ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気blogランキング  
  ↑  ↑  ↑
クリックのご協力をお願いします
posted by mokuyoudaiku at 18:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

銀座ですか~?
ちょっと驚きましたが、惹かれますね~。
木造は古くなって、より趣がでるような・・・。
私も訪れてみたい気になりました。
Posted by hana at 2005年08月01日 14:16
hanaさん、いつもすてきなお花を拝見しております。
銀座はさすがに古い街なので
時々びっくりするような古い建物に出会います。
次に訪れた時に残っているかどうか?
そこがまた惹かれるところです。
Posted by ポッポ at 2005年08月01日 16:29
鎧・兜に・刀に剣って・・・・
店構えからして
すごくいかめしい感じ・・・
お店が開いているときに行ったら
武士のような人が出てきそうな。
いちど私も行ってみたいです。
Posted by shiori at 2005年08月01日 18:24
shioriさん、ホントですね。
しかも落武者のような人が出てきたりしたらこわいですね(まさか!)。
このお店、銀座の裏道りなどではなく
大きな道路に面して建っています。
ずっと続けて商っていらっしゃるのですから
きっと由緒あるおたななのでしょう。
Posted by ポッポ at 2005年08月02日 12:17
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック