2005年11月17日

木工日誌 : あんぽ柿の柿


20051117f5322730.jpg

この大きな柿は百目柿という種類です。
ひゃくめがきと読みます。 100メガではなく、百目柿。

もともとは渋柿ですが、
これが冬の八百屋さんのアイドル・あんぽ柿の材料です。

おいしいですよね、あんぽ柿。
大きくて甘くて、やわらかくて。
おやつにひとつ食べるとお腹がいっぱいになります。
親戚のうちのマンションのベランダで今、風に吹かれています。
その一部を干さずに焼酎をまぶして置いておいたものをいただきました。

半分に切って、スプーンですくって食べるのです。
あんぽ柿はもちろんですが、この食べ方もいいものでした。

それにしても、柿の渋が抜ける
その瞬間っていつなのでしょうね。
渋柿を思いきりかじったことのある方なら誰だって、
あの渋さがどうやったら甘くなるのか、超不思議ですよね。

え? そんな経験ない?
それはいけません。
一度経験するべきです。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」 ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気blogランキング  
  ↑  ↑  ↑
クリックのご協力をお願いします


posted by mokuyoudaiku at 19:35| Comment(6) | TrackBack(0) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!
百目柿って名前、初めて聞きました。
へぇ~干さなくてもこうやって、おいしく頂けるのですね!
う~ん渋柿・・知恵がついたので、最近はかじったことないですね。
でもあの舌にざらつく感じの渋さよく覚えてます。
ポッポさん、いつも心暖まるコメントをありがとうございます。
とても嬉しい私です。

Posted by マー at 2005年11月17日 20:14
マーさん、渋柿って外見はものすごく美味しそうなのですよね。
それでつい…。
マーさんこそいつもほんわか、素敵です。
ワタクシ時々遊びにうかがっては憩っているのです。
これからものんびりよろしくお願いします。
Posted by ポッポ at 2005年11月18日 10:16
おじさんは、「渋い。」と言われたいです。
Posted by maytrout at 2005年11月18日 18:15
100メガ!ウケてしまいました(笑)
実は自分も渋柿というのを食べたことが無くて・・・
一度経験しないといけないようですね。
Posted by igu-kun at 2005年11月20日 13:45
maytroutさま、柿シブはいい色が出るのですよね。
殿方のシブはどんな色?
木に例えるならブラックウォルナットでしょうか。
そうそうmaytroutさんはケヤキ色でした。しぶ~い!
Posted by ポッポ at 2005年11月20日 17:21
igu-kunさん、東京でもどこかの街角にきっとあるはず。
もしかしたらサザエさんの街あたりにあるかもしれません、渋柿が。
渋柿は食べたその瞬間だけでなく、しばらく後味が残るので
お家でお試しになることをお勧めします。
たぶん歯ブラシでおベロを洗うことになりますよ。
嘘だと思ったらぜひどうぞ。
Posted by ポッポ at 2005年11月20日 17:30
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック