2006年02月22日

木工日誌 : ヒノキ丸太看板加工

ヒノキ丸太・看板加工ヒノキ丸太
長さ2900mm 太さ550mm/390mm

丸太の胴中を削り出して、後で文字を書き込んで
看板に使用します。


ヒノキ丸太・平台鉋電動カンナで指定の大きさに削っていきます。

通常は縦方向に削っていきますが、削り部分の入り口と
出口にカンナの台が当たって削ることが出来ないので
横に削っていきます。


ヒノキ丸太・反り台鉋入り口と出口部分がアールになっているので
電動カンナの台の部分がアールに反っている
反り台カンナを使って削っていきます。
カンナの台の部分を上の写真と比べてみてください。
電動カンナで粗削りした後で手鉋とサンダーで
仕上げていきます。

写真にはありませんが削り加工の前にする皮むき作業はただ皮をむくだけでなく
皮がむけた肌をブラシで磨いていくので1日以上かかってしまい
実際の削り作業より時間を要してしまいまいた。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.co.jp/
メールは下記アドレスを入力もしくはホームページから
mokuyoudaiku@s6.dion.ne.jp
TEL 03-6425-6767
FAX 03-6425-6768

会社概要

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 11:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 木工 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
立派な看板になりそうですね。
何屋さんの店先に行くんだろう?
ヒノキの見事さにつられて
思わずお店に入ってしまうかもしれませんねえ。
Posted by maytrout at 2006年02月23日 09:24
maytroutさん、本当にこれ、どこへ行くのでしょう?
聞いておきます。 わからないことが多いのですが。
ヒノキですから、しばらくはいい香りがしそうです。
どこにいくの~? クンクン
Posted by ポッポ at 2006年02月24日 14:28
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック