2006年03月06日

木工日誌 : 鎌倉の旅 逸品ぞろい

鎌倉・いっぴん・1よく晴れた昨日の日曜日、鎌倉で開かれた
いっぴん工房」さんの個展に行ってきました。
http://jun.imoni.net/ippin/index.php

去年の秋に山梨県小淵沢の工房を訪ねて以来、
昨年末には千葉県松戸の展示会にも出掛け、
今回は三度目の訪問です。
鎌倉・いっぴん・2小町通りに面した明るいギャラリーは
ガラス張りで中が見渡せます。

覗くと、いっぴん工房さんの素敵な作品たちが、
まるでみんなで合唱しているように並んでいました。

いつもの明るい笑顔で主の加藤潤さんが迎えて下さいます。
ポッポがとりことなっているマッサージ椅子やわらび形の照明器具を始め、テーブル、花瓶時計、ペンダント、お皿など、どれも木の命を余すことなく引き出した作品ばかり。
そこに居るだけで楽しくなってしまいます。
鎌倉・八幡宮ここはせっかく鎌倉。少し散策しましょう。

陽気もいいし、日曜日なので大変賑わっています。

ギャラリーのすぐ近くに鶴岡八幡宮。
桜はあと少し待たなければなりません。

鎌倉・教会鳥居も十字架も似合う街です。
散策中にいくつもの教会の前を通りました。

それにしてもいったい何が始まるのでしょうか?
8時でもないのに全員集合。


鎌倉・廃屋廃屋(?)にしても美しい建築です。
ずっと前に通った時にはここまで傷んではいなかった
ような気がします。

この建物の事情に興味を覚えます。


鎌倉・踏み切り人や自転車だけしか通れない小さな踏切なんて、
古い街ならではですね。

道幅が狭いと、なぜか通る時に緊張するものです。



鎌倉・銭洗弁天・1銭洗い弁天に足を運んでみました。

路銀がもっと増えるように、弁天さまに願かけです。
岩山に囲まれて、何故か落ち着く空間です。



鎌倉・銭洗弁天・2あれれ、路銀にあまり余裕がありませんでした。
この千円札は乾かしてからお守りとして
お財布に入れておきます。

間違って使わないようにしなくちゃ!


鎌倉・文学館見た事のあるような風景です。
「深窓の令嬢」が潜んでいそうなお屋敷です。

こんな素敵な建物が多いので、
鎌倉の普通の通りを歩くのが好きです。


でもここで暮らしていらっしゃる方々への遠慮も、忘れてはいけませんね。

楽しかったです。お邪魔しました。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願いいたします
posted by mokuyoudaiku at 13:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1枚目:ローテーブルの木が気になる~。
4枚目:長さん、いませんでした?
9枚目:いつの間にうちの別荘撮られたんだろ…
Posted by maytrout at 2006年03月06日 18:47
maytroutさん、実はこの写真の手前には
すっごいケヤキの丸テーブル(売約済)がありました。
な~んだ、ピンポンすればよかったです。
99%ブランデーの珈琲、ご馳走になれたかも。
Posted by ポッポ at 2006年03月07日 12:52
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック