2006年04月17日

木工日誌 : 青木村の我楽多工房さんを訪ねて

青木村・1長野県の青木村へ行ってきました。
HPでもお付き合いいただいている
我楽多工房さんを訪ねる旅です。

訳あって通常のルートから外れ、山越えをして向かいます。
轍にはまって車のお腹を擦らないように注意深く進みます。

途中、ヤマドリらしき鳥が前を横切りました。
野生動物の住処に入り込んでいるのですねえ。ちょっと通してくださいな~♪

青木村・2気持ちのいい快晴に恵まれ、峠越えの気持ちのいいこと。
素敵なお仲間達にもうすぐ会えると思うと楽しさも倍層です。

我楽多さん、肥後の守さんご夫妻、書龕洞さん・車玩童さん、
もうすぐ着きま~す。


青木村・3今回が工房を訪ねる初めての機会です。
憧れの我楽多工房さんをついに拝見しました。
この小さな工房から(本当に小さくて高性能)
あの玄人はだしの作品たちが生まれるのですね。
工房の中には必要なものが全て収まっていました。
体をひねれば欲しいものに手が届く、
そんな感じのすてきな工房です。

青木村・4超かんたんお料理。ガーリックトーストを焼いています。
肥後の守さんご夫妻が本格的な川魚の燻製を
作ってくださったその後のオキ火がトーストにちょうどいい!

薪の火を使ったらトーストだって極上の味です。
焦がさないようにしっかり見張ります。



青木村・5アチチ アチチ と言いながらいくつ味見をしたことか。
舌がしびれそうなにんにく味です。
さあさあ、みんなで食べれば怖くない。
食べない人は地獄ですよ~。





青木村・6別所温泉近くで通りかかったお蕎麦屋さん。
ここはおいしそうと衝動的に入りました。
旅先の小さなギャンブルですね。
今回の賭けは大勝ちでした。
感動するほどとてもおいしいおそばに出会いました。
石臼挽き蕎麦職人 み田村
上田市別所温泉1859-12 0268‐38‐2739

青木村・7美術館めぐりも旅の楽しみのひとつです。
小さいながらとても風情のいい信濃デッサン館。

ポッポの好きな村山槐多の作品がいくつかあります。

天然木のベンチに腰掛けて心を空っぽにして絵をながめます。

青木村・8信濃デッサン館の別館、無言館は少し離れた山の上です。
絵だけがあるのではなく、若い魂の生への情熱が
あたりに漂っているような場所でした。

いつか、いらしてみてください



青木村・9川の両岸に掛けられたたくさんのこいのぼり。
川の上流から風が吹いていれば川を逆のぼるこいのぼり。
それが反対だと海に向かうこいのぼり。
この時は風が弱かったのでこい達はどうしてよいやら
悩んでいました。

さて、次の楽しみは、ゴールデンウイークですねえ!
写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願いいたします
posted by mokuyoudaiku at 18:02| Comment(4) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ニンニクたっぷりのガーリックトースト…ビールが飲みたくなります!
おいしそうな蕎麦…地酒が飲みたくなります!
飲むことしか考えてないって?

Posted by maytrout at 2006年04月18日 18:21
あらあら、やっぱり。
今回はお酒抜きの旅でした。
ですけどぬかりなく造り酒屋をたくさんみつけてきましたので
次は、しめしめ。
Posted by ポッポ at 2006年04月19日 14:57
私も一緒に行かせていただきました。青木村。
素敵なところですね。
レンガの釜の上の鳥さんもいい感じです。
うわぁ~ガーリックトースト&おそばも一緒にいただいてみたかったなぁ~!なんて!
Posted by マー at 2006年04月19日 20:38
マーさん、それがねえ!
おそばのおいしかったことといったら、至福のひとときでしたよ。
辛味大根のおろしたのにお味噌と鰹節けずりを溶かして
それでいただくおそばを私はたのみました。
辛味大根のからいことからいこと。
でもおそばの風味がそれに負けません。
マーさんにも味わっていただきたかったです。
旅はいいですね。
体はちょっと疲れるけど気分がイキイキします。
Posted by ポッポ at 2006年04月20日 09:50
コメントを書く
コチラをクリックしてください