2006年05月30日

木工日誌 : 松本クラフトフェア

クラフトフェア・1弊HP「きょうの東京湾」でお知らせした
松本クラフトフェアに行ってまいりました。
何回かに分けてUPしますので宜しくお付き合いください。

このフェアは今回が22回目。
木工はもちろん布や糸・陶器・金属加工・食品など
さまざまな手作り作品が並ぶ楽しみいっぱいの催しです。

長野県・松本駅からまっすぐ約3キロのところにあるあがたの森の広い芝生公園が会場です。

クラフトフェア・2ポッポがまず飛びついたのがこの帽子屋さん。
フェルト製でいろいろな色と形のお帽子たち。
隅から隅までかぶってみては鏡の前で百面相です。

結局わけがわからなくなって
自分のひとつを選べませんでした。

クラフトフェア・3こんなところに目がないという木工マニアも多いことでしょう。

小刀、カンナ、ノミ、彫刻刀、ああ。
座り込んでしまったらもう動けません。

いいですね、道具。 うっとり。

クラフトフェア・4女性が座り込んでしまうのはこんなお店でしょうか。

毛糸と一口に言っても種類はいっぱい。
動物図鑑を見ているような名前が並んでいます。

羊なのかヤギなのか、牛なのかもしれない
いろいろな動物の毛が盛られています。

もちろん匂いも嗅いでみました。
ちゃんといきものの匂いがしました。
なんだかあったかい気持ちになりました。

まだまだレポートは続きます。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング  
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願いいたします

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 14:24| Comment(4) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ポッポさん、長野だったんですね。
わぁ~!なんとも楽しそうなクラフトフェアですね。
木工道具も整然と並んでいるのを見るだけでも楽しそうです。
かっこよくシュッシュッとカンナをかけたり、
器用に小刀や彫刻刀を扱われる職人さんは、カッコいいです。

へぇ~いろんな動物の毛があるんですね~。
うふふふ、匂いを嗅がれるところがポッポさんですね。
次回のレポートも楽しみです♪

Posted by マー at 2006年05月30日 20:15
行ってきましたね。私も、車玩童も是非行きたかったのですが、今回は無理でした。あのイベントは本当に楽しそうですね。そのうち集まって、ブースを出しましょうと我楽多工房さんが言っていました。いつかやってみたいですね。
Posted by 書龕洞主人 at 2006年05月30日 21:41
マーさん、なんだか思わせぶりですみませんでした。
見てくださってありがとうございます。
そう、長野県なのです。次の次に例の場所をご紹介します。
そこでは不思議な体験もしました。
毛糸の素材(糸になる前)の匂いは動物の匂い。
生きているなあ、という匂いでほのぼのしました。
草食動物だからか決していやな匂いではないですね。
松本は街なのですけど、空気がおいしかったです。
そのせいか見るもの触れるもの、余計素敵に感じました。
Posted by ポッポ at 2006年05月31日 13:17
書龕洞さん、そうですよね。楽しいでしょうね。
しかし私の作品といえば便座スツールと砂糖さじ、あ、それにおやす眠。格調高い書龕洞さんの器たちに同じブースにいるのを嫌がられないかしら?
実物をたくさんの方々に手に取って見ていただけるのは楽しい刺激かもしれません。考えてみましょうか。
Posted by ポッポ at 2006年05月31日 13:30
コメントを書く
コチラをクリックしてください