2006年05月31日

木工日誌 : 松本クラフトフェア・パート2

クラフトフェア・5<こどものフェルトくつさん>

かわいいお靴がいっぱい。
全てフェルト製です。
3歳くらいのこどもが履けるのですって。
おとなのもないですか? と、つい聞いてしまいました。
こどもに還って履きたいはきたい。


クラフトフェア・6<糸屋さん>

欲しいなぁ。 でもこれなにに使うの?
心の中で自問自答したのがこの素材屋さん。
写真で見てもいまだに、欲しいなあ。 でも・・・。


クラフトフェア・7<天使のカップ屋さん>

すぐに使えるものといえばこのカップです。
両側に耳のような飾りがついていて、
まるで天使のカップみたいでしょ?
底には貝殻型のデコボコがついています。
釜入れの時に貝のかけらを台にして焼くからだそうです。

クラフトフェア・8<アドレナリンの鍛鉄師>

鍛鉄ってご存知でしょうか?
日本風に言えば鍛冶屋さんなのですが、
鍛鉄はヨーロッパの技術だとか。

鉄を熱して打つ、その姿は芸術的でした。

クラフトフェア・9<笑ってる石の口>

ぬふふふふ! 石が笑ったっていいじゃないか。
松本クラフトフェアは自由で創作的な雰囲気に満ちています。

お仲間を集って、参加したくなりました。

まだまだレポートは続きまよ~!

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング  
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願いいたします

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 13:26| Comment(4) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「一番前の青いフェルトの靴とクワの糸をちょうだいな。」
ポッポさん、ほんとに欲しくなっちゃいますね。
糸は何に使うんでしょうね?ヘンプ糸で作るアクセサリーが
流行ってる(?)みたいですが、
この糸と天然石を使ってアクセサリーを作ったら
可愛いかもと思ってしまいました。
「鍛鉄」って分からなかったので、ちょっと調べてみました。
調べていたら、あるHPにたどり着いて
そこのサイトでは「クラフトフェアまつもと」について触れてありました。
ヨーロピアンな素敵な作品ができるんですね。

ポッポさんのレポートを拝見していたら、
私もクラフトフェアに行きたくなってしまいました!
Posted by マー at 2006年05月31日 20:54
フェルトの靴、かわいいですね。
アニメの主人公が履いていそうです。
Posted by maytrout at 2006年06月01日 09:30
「わたしはその隣の赤いのがいい」
これを履いて一緒にテトテト歩きたいですね。 エヘ
糸と石でアクセサリー!! ああ、そっか~。 
やっぱり買っておけばよかったです。
木はもちろん石、毛、綿、紙、鉄、自然由来のものに惹かれてしまいます。
マーさんがお住まいの近くにもこんなイベントあるかもしれませんね。
いい刺激がもらえました。出掛けてみるものですね~。
Posted by ポッポ at 2006年06月01日 11:51
マーさんには青いの、ポッポは赤いの、
maytroutくんには深緑のを履かせてあーげる。
Posted by ポッポ at 2006年06月01日 11:56
コメントを書く
コチラをクリックしてください