2006年06月11日

木工日誌 : 東京湾のアサリ


あさりきょうの東京湾を見てくださっているみなさま、
いただきものですが、東京湾のアサリです。

このごろ問題になっている、潮干狩りの家族連れに大顰蹙の
本格的装備の漁をするするような方ではないので
どうぞご安心ください。

ご隠居さんが熊手ひとつでちょぽっととってきたものの御裾分けだそうです。

海水のままくださいました。間に合わせの洗面器に入れて10分ほどそっとしておくと
これこのように、アサリたち殻を開いて口を出しています。

もぞもぞ動いて、なんだか見ていて飽きません。
「えさはなんだっけ?」 なんて、つい飼うような気分になってしまいますが、
ちがうちがう、これ、食べちゃうのです。

工業製品と違って大きいもの小さいのも色が薄いのも黒っぽいのも、
殻が割れてるのもいろいろいます。
長く口をを伸ばして斜め後ろの貝にちょっかいを出しているアサリ、
他の貝の下にもぐろうとするアサリ、と個性豊か。
時々指でつついてみたりして。
するとアサリの逆襲、ピュ~ッと水を浴びせられます。
ああ、たのしい。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願いいたします

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 10:49| Comment(5) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あさりって!こんなにオープンなんですか!ビックリです。
マーケットのあさり専門の私には「目が点」です・・・
あさりを見れば、ひたすら酒蒸ししか考えない私にとって
単に酒のつ・ま・みでした。
きっと、今度から謙虚に「いただきます」と言いそうですよ。
自然の恵みに感謝して・・・
Posted by フーミン at 2006年06月15日 00:29
フーミンさん、酒蒸し、いいですね。ウクク・・・
アサリ、飼育したい、と思う方は多いと思います。
他にもあります。どぜう、えび、さざえ。
でも大抵翌日にはお腹に収めてしまうのですよねえ。
アサリのピュ~ッ!を顔に浴びた翌日に
お味噌汁の中のアサリをお箸でつまみ上げ、じっと見ると、
(命をいただいているのだなあ)としみじみ思います。
そんなことを思わせてくれるアサリは偉大ですよね~。
なんだか潮干狩りに行きたくなりました。
Posted by ポッポ at 2006年06月15日 09:24
ポッポさん、こんにちは。
目に浮かんできました。
楽しそうに、あさりの逆襲を受けているポッポさん♪

Posted by マー at 2006年06月15日 09:26
P.S 話は違うのですが・・・
ポッポさん、秋くらいになりそうですが、黒猫さんに
石けんをあずけたいと思います。
もしもしよかったら、受け取ってください。
(ずいぶん先の話ですが・・・)
なかなか納得いく石けんが出来なくて、出来たと思っても香りが飛んでいたりしてなかなか難しいです。そこがチャレンジ精神をくすぐるのでしょうけれど・・・!
Posted by マー at 2006年06月15日 09:32
マーさん、楽しいんですね~、これ。
小さな貝なのに大きな人間の顔めがけて(?)ピュ~ッ!ですもの。
たいしたものです。生きていますね。
大笑いして、後にちょっとすまない気持ちになります。
ところで、せっけん、憧れの手作りせっけんですか!
なんと光栄な。喜んでいただきます。
これまでお手入れをないがしろにしてきた私の肌ですが、
マーさんのおかげで少しはつやつやしっとりになってくれそうです。
うれしいな~。私もなにかにチャレンジしますね。
Posted by ポッポ at 2006年06月15日 10:13
コメントを書く
コチラをクリックしてください