2006年10月24日

木工日誌 : 小田原・箱根 木製品フェア2006

小田原・木製品フェア・1小田原の木製品フェアに出掛けてきました。
とても作品レベルが高くて楽しいイベントでした。

小田原は有名な温泉地・箱根のすぐそば。
このあたりは箱根細工と呼ばれる寄木加工が盛んなところです。
職人さんの数も多く、又技術も優れています。

小田原・木製品フェア・2
寄木だけでなく轆轤を使った加工品もたくさんあります。
こちらのブースではコースターの轆轤細工を実演していました。




小田原・木製品フェア・3人様が何か作っているのを見るとつい、「わたしもわたしも!」と
むずむずしてしまうヒトひとり。
独楽作りの体験コーナーでちょっとやらせていただきました。
轆轤初体験です。
名人が手を添えてくださいます・・・と言うより、
名人が作る道具に手を触れているだけなのです。

小田原・木製品フェア・4
絵付けだけはひとりでやりましたよ~。
筆先を少し独楽につけるだけで鮮やかに色が乗っていく作業は
とても楽しくて、ずっとやっていたかったです。



小田原・木製品フェア・5
これが作った独楽です。
左はいかにも素人らしい作品。
右は名人の助言を受けて作ったもの。
余白の美、ということを習いました。


小田原・木製品フェア・6見たこともないような作品です。
驚いたのはこのザル状のフタです。
外側と内側から溝を切る加工をしてあります。
正確な技があってこその作品ですね。
黒柿の風合いもいいですね。
木工の世界は広いな~。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.co.jp/
メールは下記アドレスを入力もしくはホームページから
mokuyoudaiku@s6.dion.ne.jp
TEL 03-6425-6767
FAX 03-6425-6768

会社概要

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 22:38| Comment(2) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ポッポさん、こんにちは。
余白の美ですか~。
奥が深いですね。
人の暮らしにも余白の美が
大切なような…気がします。(分かったようなこと言ってます)
一番下の作品はお香を焚くのにも良さそうですね。

Posted by マー at 2006年10月30日 13:59
あっ!そうですね~! 人の暮らしにも余白の美。 ホントにそうです。
余白があっても、とかくそこにまた何か詰め込んでしまいがちです。
マーさんはブログでいろいろな成果を見せてくださいますね。
きっとお忙しいでしょうに、なぜか余白の美を感じますよ。 
すごいことです。
下の作品ははじめ高級な香炉だとばかり思いました。
フタを開けてみてびっくり。 ユーモア抜群です。
それにしても蚊を撃退する為にン拾ン萬円をかけるなんて、
その発想、豊かでいいですよねえ。
Posted by ポッポ at 2006年10月30日 16:08
コメントを書く
コチラをクリックしてください