2007年03月22日

木工日誌 : ミツマタの花 咲く

みつまたの花・2昨年の11月に載せた「ミツマタのつぼみ」で3月にまたこの木を
訪ねたい、と書きましたがかの地へは行けずに過ごしていました。

そして昨日はお墓参り。
お寺の境内で思いがけずに見つけたのです、
ミツマタの花を。

秋にはあった葉はすっかりなくなり、裸の枝に花を咲かせています。

鼻を近付けてみても、香り、わからず。
仕方なく花に鼻をくっつけると、おお!乙女の香り!
自分から強烈に香りを振りまかないけど、ごく近くではしっかりと香ります。
上品で慎ましやかでまじめな・・・香りを説明するのは難しいですネ。
とってもかわいい清らかな香りです。

香りに興味をお持ちの方は機会があったらぜひクンクンしてみてください。
沈丁花科なのですが香りの印象は沈丁花と全く違います。
高級な紙や、一万円札にも使われるとか。
今度ピン札の一万円をクンクンしてみましょ。

ミツマタのつぼみはこちら。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願いいたします

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 12:29| Comment(4) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ポッポさん、これが蕾のままで冬を
乗り切った「ミツマタ」の花なのですね~。
「まじめな香り」ってところに、とても惹かれました。
葉っぱは殆んどなくて、
小さな花が団結しあっているように咲いているその姿は、
ポッポさんが表現されたとおり、
「まじめ」さとひたむきさを感じました。
Posted by マー at 2007年03月26日 08:49
マーさん、ミツマタもいい香りで、好きです。
控えめに香るのですが、バランスのとれた香りです。
他のお花の香りで似たものがないので余計に説明しづらくて。
冬を越して今花開くこの花に、なんだか励まされました。
マーさんのご近所にもしあったらぜひお試しください。
Posted by ポッポ at 2007年03月26日 09:26
大好きなポッポさん、こんにちは。
実は私、ブログをしばらくお休みしようと思っております。
(また再開する予定です)
ポッポさんとお話しするのが大好きな私。
またこちらには、遊びに来させてください。
どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by マー at 2007年04月01日 13:26
なかよしマー鳥さん、こんにちは。
おやすみですね、はいわかりました。
マーさん色の景色がしばらく見られないの残念ですが
ちょっとがまんして、こちらは元気にやっておりますよ~。
マイペースの更新ですが、ちょぼちょぼと動いておりますので
これまで同様、お気軽に遊びにいらしてくださいね。
お天気の変化が激しくて身体がダダをこねる時季ですね(あ、私だけ?)。
ご自愛下さいませ。
Posted by ポッポ at 2007年04月02日 12:12
コメントを書く
コチラをクリックしてください