2007年07月09日

木工日誌 : とうがん(冬瓜)やります

冬瓜・1毎日蒸し暑いですね。
こんな時には冬瓜が食べたい。
それじゃあ買ってきましょうと八百屋さんへ行きました。

並んでいた冬瓜は切口をラップでくるまれたカット済でした。
これではなぜかやる気が湧きません。
まるごとの冬瓜をぜひともやっつけたい。
お店の方に頼んで奥から出してきてもらった冬瓜がこちらです。
一尺は余裕で超える堂々たる姿にやる気がむくむく湧いてきました。

冬瓜・2まずは半分割り。去年のスイカを思い出し、快感です。
さて忙しくなってきた。切って面取りして皮を剥いて、さあがんばれ。
鶏の手羽から出汁はとってあります。
あとはお薬味をあれこれ入れて、煮て、冷まして、味見して、さあ出来た!その写真は取り忘れました。

これをある会合に差し入れたら、メンバーの若い女性から言われました。
「あっ、これ翡翠煮(ひすいに)ですね」・・・なんのことやらわかりません。
よくよく伺うと、冬瓜の皮を薄く剥いて煮るとその緑がほんのり残って美しい宝石のヒスイのような色になるからその呼び方があるそうです。
いいことを教わりました。素敵な名前ですね。翡翠煮ですって。
「やっつけたい」なんて始めたことが「翡翠煮」に結実したのです。
大もうけの気分でますます冬瓜が好きになりました。
Oさんありがとうございました。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 19:46| Comment(6) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ポッポさん、こんにちは。
私も上のお写真パッと拝見した時、
「美しい緑の石だなぁ~」なんて思っちゃいました。
鶏の手羽でだし汁はとられたんですね。
きっと美味しい&上品な味の翡翠煮だったんしょうね!
私はよく豚肉と一緒に冬瓜を煮付けます。
今度はポッポさん式でやっつけてみますよ!
おっもうすぐお昼です。
お腹の虫が鳴り出しました♪


Posted by マー at 2007年07月11日 11:19
マーさん、そういえばこの写真だとまるで翡翠みたいですよね。
煮なくても元々の姿が翡翠色です。
野菜って時々うっとりするほどきれいだと思いませんか?
おっ、そうでした、豚肉と煮るとこれまたおいしいですね。
私もマー鳥風翡翠煮をやっつけてみます。
ところで翡翠煮って、冬瓜だけでなくナスやえんどう豆、梅などにもあるらしいです。
美しい言葉だなあと思います。
Posted by ポッポ at 2007年07月11日 14:33
とうがんは苦手だけど、翡翠煮はやっつけたい!
Posted by maytrout at 2007年07月11日 18:17
maytroutさん、豚肉と組合せたスープをキャンプでいかがでしょ。
Posted by ポッポ at 2007年07月12日 09:33
翡翠煮をやっつけたいと書き込んだ日、
夕食に冬瓜汁が出ました。
奇遇ですなあ(笑)。
Posted by maytrout at 2007年07月13日 17:22
maytroutさん、それはめでたい!
あの日を日本全国冬瓜汁の日といたしましょう。
Posted by ポッポ at 2007年07月14日 17:14
コメントを書く
コチラをクリックしてください