2007年09月27日

木工日誌 : 07 八ヶ岳オープンアトリエ・2

07・オープンアトリエ・08作品だけじゃなくてそれを作っている現場を見学できるのがオープンアトリエの楽しみです。
こちらはツパイ工房さんの作業机。
主に銅や銀で製作をなさっています。
銅板を木槌でたたいてスプーンの丸みを出す、なんていう作業もこちらでなさるようです。ものづくりの好きな方ならこんな机を見るとわくわくしちゃいますよね。

07・オープンアトリエ・09フェルト作品や絵が飾ってあったぼんてんやさんのアトリエです。
1階はヒマラヤンカレー&カフェ。
すごくうまい絵画があったりお帽子があったり、摩訶不思議な空間、作家さんも神秘的。
あとでHPを拝見してよけいナゾが深まりました。


07・オープンアトリエ・10加藤鍛錬所さんのコンパクトな展示場。
こちらは元々刀鍛冶のお家柄ですが今では包丁やナイフもお作りです。
こんな包丁、いつかは欲しいなあ。
ダマスカス鋼というものを初めて見ました。
まるで木目や年輪のような模様が鋼に出ているのです。 きれいです。
07・オープンアトリエ・11さりげなく置かれたゲンノウが3つ。
単一の鉄ではなく、両端が硬くて中央が柔らかい鉄で出来たゲンノウでした。
これで叩くと衝撃を中間の鉄が吸収するので手に響かないそうです。 
欲しい~!と叫んだ一品でした。でも無理、すっごく高いんです。
午後からの実演には1時間ほど早く、作品だけ拝見してアトリエを後にしました。


07・オープンアトリエ・12陶芸作家さんも多いです。
環工房さんは端正な中に遊びがある。
そんな印象でした。
普段使いの食器類が楽しいのはいいものですよね。




07・オープンアトリエ・13彫刻家が家具を作るとどうなるか。
良工房さんのいきものみたいな家具たち。
椅子の製作過程を見ることができました。
こんなふうにしてあの家具たちが生まれるのですね。



07・オープンアトリエ・14こんな木目の木にはなかなか出会えません。
すごい模様ですね。
良工房さんの作品の多くはチーク材ですが、このような材もお使いのようです。
どちらも高級材、そしてその材が活きています。


写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 20:07| Comment(2) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最初の画像、乱雑さが我が仕事机と同じで親しみが持てます(^^ゞ
最後の画像、すごい模様ですね。
Posted by maytrout at 2007年09月28日 10:12
この作業机は本当にいい感じですよね。
maytroutさんのお机はきっとおしゃれだと思いますよ。
それに引き換え、乱雑さの中にも自分なりの秩序がある、
なんて言い張っても誰もわかってくれないのが我がデスク。
最後の木は本当にすごかったです。 めったに出ない杢ですね。
Posted by ポッポ at 2007年09月28日 11:18
コメントを書く
コチラをクリックしてください