2008年04月16日

木工日誌 : 新木場 木まつり・3

木まつり・11大きな機械に板を通しています。
機械から出てくるとアラ不思議、
板に溝と出っ張りが出来ました。




木まつり・12拡大するとこんな形。
床や腰板などに使われる板の加工です。
さね加工とか呼ぶそうです。
どんな字書くの? さーねー。



木まつり・13だだっぴろ~い倉庫の中にびっしりと巨大な木材。
銘木を集めた木の組合です。
普段は業者さんしか入れません。
とんでもなく高そうな逸品が普通の顔して並んでいます。


木まつり・14こんな木目の板を発見。
美しい。
自然の創る芸術だわ~、
とため息が出る倉庫でした。





木まつり・15新木場は海に出っ張っています。
すぐ脇が海という会社の貯木場に木がいっぱい。
荷揚げ用の巨大滑り台もあって、
「木場」情緒を感じました。

木まつりレポはこれでおしまい。
ご興味のある方は来年どうぞ。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 13:57| Comment(2) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
銘木の倉庫に住みたい!
隅っこが空いてませんかねえ?
ちょっと木いてもらえませんか。
今日はあの木、あしたはこの木・・・
木ままな暮らしができる木がする。
Posted by maytrout at 2008年04月16日 16:38
ひょっとして銘木を日替わりメニューで火にくべる木ろみですか?
オー、あぶないあぶない。
Posted by ポッポ at 2008年04月17日 09:46
コメントを書く
コチラをクリックしてください