2008年06月24日

木工日誌 : 芳しきひのきのうつわ

器・檜アンティーク硝子の蓋に合わせて誂えた器です。
材:檜無垢材
直径130mm丸×高さ100mm
縁の部分もふたつの蓋では形状が違ったので
それにあわせた形に作ってあります。
左の縁は直線で斜めに加工
右の縁はアールで凹に加工
蓋がぴったりとはまる時の快感、ご想像ください。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.co.jp/
メールは下記アドレスを入力もしくはホームページから
mokuyoudaiku@s6.dion.ne.jp
TEL 03-6425-6767
FAX 03-6425-6768

会社概要

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 11:40| Comment(2) | 轆轤加工 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!
しばらく伺わないうちに何点もの作品がUPされてて嬉しい限りです。
このひのきの器だけでも素敵なインテリアになるでしょうに
アンティークガラスの蓋とは。
どんな蓋が乗せられるのか見てみたいものです…。

一体中に何を入れるんでしょうね^^
Posted by こむ at 2008年07月01日 11:05
こむさんこんにちは。
この器の蓋は、それはもう、きれいでした。
瑠璃色で、切子の模様がありまして、古い作ながら斬新なデザインで。
見ていただきたいのは山々なれど、ご依頼主お持込みの物ですので、
残念ながら非公開とさせていただきました。ごめんなさい。
きれいな器なので中に入れるものも迷いますね。

「夏の日のおもひで」 なんていかがでしょう。
Posted by ポッポ at 2008年07月01日 11:58
コメントを書く
コチラをクリックしてください