2008年10月16日

木工日誌 : 十三夜に古民家の里を歩く 其の参

08・民家園・17民家園の催しの中でも
特に待ち遠しいのはこの頒布会です。
民具製作技術保存会というものがあり、
はた織、竹細工、わら細工グループの方が
日頃の活動の成果を秋に販売するのです。

08・民家園・18竹細工の作業はここから始まります。
こちらは丸く穴を開けていらっしゃいますが、
隣では竹を細く裂く作業も進行中でした。
私も子供の頃、何かを作る大人の
手元をずっと見ているのが好きでした。

08・民家園・19竹の作品、形も用途もさまざまです。
おミカン入れよか花入れにしよか、
それともそれともと考える時間の楽しいこと。
おやおや、あちらに見えるはワインのかごか、
ほらもう欲しい欲しい病を抑えきれません。

08・民家園・20布の魔力にも抗えません。
お目当てだった織りのマフラー、
先週の初日で半分売れてしまったそう。
う~ん、残念無念。
また来年のお楽しみです。
お手玉買って自分を慰めました。

08・民家園・21織りのみなさん、ここからやるのですよ。
これは「夜なべ仕事」のひとこま。
糸がビュ~ンと伸びて出てくるところ、
大人もこどももおもしろがって見ていました。
あっ! 
時々糸が切れて見物人から声がもれます。

08・民家園・22こちらは土間で「夜なべ仕事」
お尻冷えませんかねえ?
わらじは脚の指を使って作るのですか。
からだを使って頭も使って、いいですね。


08・民家園・23愛用している鍋敷きがあります。
わらじにもスリッパ風があるんですね。
ねこちゃんハウスもあったかそう。
本当はわら座布団が欲しかったのですが、
ちょっとだけ高かった。
それでも全般的に激安価格なのです。

08・民家園・24傍らに置かれたこんな道具たち。
日常目にしないものばかりです。
ああ、美しいなあ。

来年は初日に出掛けて
わら座布団と紅い織りのマフラー!です。

08・民家園・25こうして見ると本当の山里みたいですが
全て日本各地から移築された古民家。

秋の深まりと共に
いっそう素敵な雰囲気になる民家園。
ぜひ歩いてみてください。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.co.jp/
メールは下記アドレスを入力もしくはホームページから
mokuyoudaiku@s6.dion.ne.jp
TEL 03-6425-6767
FAX 03-6425-6768

会社概要

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 16:20| Comment(2) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらもいい風景ですね。
竹細工作りをじっと見ている女の子が
可愛いです。

ポッポさんのお写真を拝見していたら、
苧麻(ちょま)という植物から糸を紡ぐおばあや
赤瓦の民家など
沖縄の風景ともつながりました。

来年は赤いマフラーを手に入れてくださいね♪

Posted by マー at 2008年10月17日 23:06
マーさんの沖縄のおもいで、きっと私の古民家まわりのものと一緒ですね。
苧麻っていう植物があるのですか。
魔法のような指先で糸を取り出すのでしょうね、きっと。
すごいなあ、おばあ。 (見た事ないくせに感動してます)

自分の手でなにかいいものを創り出す側にまわれたらいいナと思います。
Posted by ポッポ at 2008年10月20日 09:58
コメントを書く
コチラをクリックしてください