2009年07月22日

木工日誌 : 白樺あめぞ~ら♪

09・八ヶ岳クラフトフェア・01長野県・原村のとある公園で
雨の中、遊んでまいりました。
白樺林ですよ、高原の空気です。
灼熱の東京から来た身には寒いくらいでした。


09・八ヶ岳クラフトフェア・02旅の目的は、いつものアレです。
八ヶ岳自然文化園クラフト市。
広い森の中の芝生広場に
クラフト作家さんのテントが並びます。


09・八ヶ岳クラフトフェア・03雨のせいか人は少なくて、
出展者には悪いけどゆっくり見て回れました。
130店の参加があったそうで、
のんびり巡って半日楽しみました。


09・八ヶ岳クラフトフェア・04欲しかったのに買えなかった、
みごとな手彫りの栃のカップ。
漆を塗った回数は十数回とか。
この深みのある艶にうっとりでした。


09・八ヶ岳クラフトフェア・05ジャンルも作風もてんでんばらばらが
クラフト市の楽しみのひとつ。
おもしろいものないかな~と
みなさんそぞろ歩きです。


09・八ヶ岳クラフトフェア・06異様な空気の一角で足が止まりました。
あやしいところに引き込まれやすい性分ですね。
陽気なオジサンがいましたよ。
作品はピカリと光って、こんなの大好き。


09・八ヶ岳クラフトフェア・07「これにビールを入れて呑むとうまいよ~」
って言うけど、これ、お抹茶碗じゃないの。
「焼酎もうまい」
なんにでもおサケ入れちゃうし~。
ホラお財布落ちてる、しょうがないなあ。

「ボクは使う人の都合なんか考えて作らないの」
そういう考え方もありますよね。何を大事にするかはひとそれぞれ。
お小遣いで買える範囲のマグカップをひとつ選び
東京に着いて荷物を整理していたらポロリ落としてしまい、
カップの持ち手が取れ、ふたつに割れてしまいました。
これを金継ぎしたらきれいだろうなぁ、しめしめ、なんて、
かえって嬉しくなったところ、オジサンの陽気が感染ったか。


写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.co.jp/
メールは下記アドレスを入力もしくはホームページから
mokuyoudaiku@s6.dion.ne.jp
TEL 03-6425-6767
FAX 03-6425-6768

会社概要

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 10:29| Comment(4) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
白樺林 良いですね
憧れの景色です あはははは!

しかし いろんな所で 面白い市があるもんですね
Posted by おばちゃん at 2009年07月22日 20:30
おばちゃん、白樺林はやはりきれいで
高原に来たな~という気持ちになります。
クラフト市はきっと全国各地にあるのではないでしょうか。
市めぐりの作家さんと市好きなお客さんがあちこちで「あら、こんにちは」で、
それもちょっと不思議なものですね。
作家さんは販路拡大の為、お客さんは目新しいものを見付けるチャンス、
市はくせになりますよ~。


Posted by ポッポ at 2009年07月23日 09:39
異様な空気の一角は、遠くから様子を伺うタイプのマーです^^
すがすがしい空気の中で見るクラフト展は、
また一段と、ほしいほしい病がでそうですね!
漆塗りのカップはいいですね~。
もし手に入れられたら、大切に長~く愛着いっぱいで使いそうですね。
夜空を連想させるお茶碗もいいなぁ。
ポッポさん金継ぎもされるのですか!すごいなぁ~!!

Posted by マー at 2009年07月23日 10:54
「やめときなよポッポ鳥」と止めるやさしいマー鳥の注意をよそに、
フラフラと引き寄せられてしまうおっちょこちょい。
ご心配お掛けします、すみません。

市は作家さんがどんな方かがわかるので余計物に思いが入りやすいです。
漆のおじさん(すうひと)も陶器のおじさん(のむひと)も、お身体大事にと念じました。

金継ぎは、もちろん他力本願です。
腕利きの親切な知り合いに擦り寄る予定です。うまくいきますように。
漆には多分かぶれる血統なので手を出せないのが残念です。
Posted by ポッポ at 2009年07月23日 11:31
コメントを書く
コチラをクリックしてください