2009年11月02日

木工日誌 : 初めて見ましたデコパージュ展 その1

デコパージュ展・01デコパージュの展示会のお誘いをいただきましてね、
茨城県の神栖というところへ行ってまいりました。
会場となっているレストランに着くと、おお!ベース型の大きな看板ですよ。
何を隠そうこちら、以前ご注文頂いたあのベースなのです。
とても大きな物なので、型紙の段階から緊張の連続でした。
こうしてエントランスに展示されているのを見ると感激です。

デコパージュ展・02同じベース型の板を2枚お作りしたのですね。
一枚はエントランスの看板、もう一枚がこちらです。
本体の大きさは180センチ超です。
深い黒の下地に白からグレーのデコパージュがされています。
ネックの上下にちらり光って見えるのは薄緑でしずく型のガラス。
金色レースの上品なふちどり、素敵な存在感です。

額縁に見立てて中央部分に何かレイアウトすると豪華で迫力のある看板やディスプレイに
なりそうです。 非売品かと思いましたが、展示即売なさるそうです。
デコパージュ展・03今回の作品展、テーマは楽器との事でして、
会場には楽器がいっぱい、音が聞こえてきそうです。
このデコパージュはきっと西洋絵画が題材ですね。
いつ頃の時代の絵かな~?なんて考えながら
見て回るのが楽しいです。


デコパージュ展・04ギターですよ。
この木の色に風神さんと雷神さんが合いますねえ。
その左には見たことがある今風のねこちゃん。
デコパージュの自由さを感じます。

デコパージュ展・05美しいうしろ姿ですが、なんという楽器でしたっけ?
こんなに細かいデコパージュもあるのですね。
例えば右の作品は、ブルーの下地を塗りまして、
その上に切り抜いた金の模様を貼るのですって。 すごいな~。

デコパージュ展・06裏も凄いけど、表の顔はこんなですよ。
きっとわかる方にはわかる絵なのでしょうね。

昔むかしの宗教画が現代のクラフトの中で再び力を発揮する。
デコパージュの魅力をほんのちょっと理解できた気になりました。


写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.co.jp/
メールは下記アドレスを入力もしくはホームページから
mokuyoudaiku@s6.dion.ne.jp
TEL 03-6425-6767
FAX 03-6425-6768

会社概要

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックを、いつもありがとうございます。

ブログトップ
posted by mokuyoudaiku at 14:14| Comment(2) | 今日の出来事 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素晴らしい! 

小さいの マンドリンかな??

Posted by おばちゃん at 2009年11月02日 18:00
おばちゃん、見てくださってありがとうございます。
デコパージュって初めて見ましたが美しい世界でした。
あの楽器はそうですね、マンドリンでしたね。
雰囲気が古い優雅なヨーロッパなので、中世の楽器に見えてしまいました。
Posted by ポッポ at 2009年11月04日 11:16
コメントを書く
コチラをクリックしてください