2007年04月12日

木工日誌 : 丸箱

丸箱・1材=スギ集成材
直径300mm丸×高さ70mm

和のイメージをご希望なのでスギ集成材で製作しました。
無垢材と違い集成材はいろんな杢目が混ざっていますが
なかなか良い感じに仕上がっています。
でも木が柔らかいので加工はちょっと苦労しました。

丸箱・2
写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com


人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願いいたします

ブログトップ
posted by kouboumokuyoudaiku at 10:30| Comment(0) | 木工 | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

木工日誌 : 和太鼓材の乾燥

和太鼓材の乾燥先日新木場にある乾燥工場を訪ねたところ和太鼓を製作するための
欅材が乾燥釜に入っているのを発見しました。
目測でも直径1メートルはある大きな材が数個並んでいるとなかなかの迫力があります。

外側を粗挽きして中心をくり抜いた状態でゆっくりと乾燥させていきます。
木は乾燥が進むにつれて収縮して変形していくので乾燥が終了してから仕上げの加工をしていきます。
これはお椀などの小さなものを製作するときも同じ方法です。

人工乾燥は人間でいえばサウナみたいなもので(正確に言えばちょっと違うのですが人工的に水分を抜いていくという点では同じです)、自然乾燥では数年掛かるところを1~2ヶ月くらいで乾燥させてしまいます。
但し人工乾燥でも急激に乾燥させると割れてしまうのでゆっくりと少しずつ水分を抜いていきます。

本当はここから先の加工をして和太鼓に完成していくところを見てみたいのですが、残念ながら今回はここまでです。

いつか機会があればこの続きをレポートしてみたいですね。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願いいたします

ブログトップ
posted by kouboumokuyoudaiku at 10:23| Comment(3) | 木工 | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

木工日誌 : 壁掛けプレート


プレート・ゴム集成材材=ゴム集成材
690mm×375mm×12mm

穴部分にフック(金物)を取り付けて壁に掛けて使用します。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング  
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願いいたします

ブログトップ
posted by kouboumokuyoudaiku at 09:53| Comment(0) | 木工 | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

木工日誌 : 犬小屋

犬小屋材=タモ無垢
W600mm×D380mm×H615mm/450mm
入り口W300mm×H350mm
「現在使われているサークルにかぶせて使用するので、
前板の高さだけを高くしてほしい」とのご要望で製作しました。
何故でしょうか???

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願いいたします

ブログトップ
posted by kouboumokuyoudaiku at 10:51| Comment(0) | 木工 | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

木工日誌 : 楕円形モニターBOX


楕円形モニターBOX・1材=シナベニヤ
W700mm×D550mm×H120mm
中心に画面を出すための窓を開けてあります。

構造は桟木で形を作ってから側面には曲げベニヤを
貼り付けています。

楕円形モニターBOX・2横に渡してある台木の上にモニターを載せて
壁に掛けて映像を見るようにします。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願いいたします

ブログトップ
posted by kouboumokuyoudaiku at 10:30| Comment(0) | 木工 | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

木工日誌 : 花梨バール材

なにこれ・花梨バール材・1材=花梨バール材
長さ200mm×断面30mm×12mm

断面はハーモニカの用な形をしていますが、途中で
大きさが変わっているので機械で大まかな加工をしてから
手作業で削り出して製作しました。

なにこれ・花梨バール材・2バール材は杢目がもめているのでとても加工がしずらく
時間がかかってしまいました。

それにしても「なにこれ?」ですね???

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願いいたします

ブログトップ
posted by kouboumokuyoudaiku at 11:52| Comment(0) | 木工 | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

木工日誌 : 欄間

欄間・1材=ヒノキ無垢
長さ850mm×幅280mm×厚み30


写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます


欄間・2「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願いいたします

ブログトップ
posted by kouboumokuyoudaiku at 11:45| Comment(0) | 木工 | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

木工日誌 : 小型テーブル

テーブル・タモ無垢・1材=タモ無垢
W420mm×D270mm×H230mm
ウレタン着色塗装

何てことないテーブルですが、隙間に収納できる
ピッタリサイズとのご依頼で製作しました。

テーブル・タモ無垢・2天板の幅は1枚ものではなく3枚はぎで、真ん中に板目の
竹の子状のものを使い両サイドを柾目の板で挟んで
合板してあります。

塗装は道管をつぶす厚塗りでツルッとした仕上がりに
なっています。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願いいたします

ブログトップ
posted by kouboumokuyoudaiku at 09:56| Comment(0) | 木工 | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

木工日誌 : 壁掛けBOX


壁掛けBOX材=ヒノキ無垢
高さ550mm×幅200mm×奥行200mm 板厚20mm

何てことない壁掛け用のBOXですが、ヒノキのとてもよい香りと、配線の穴を開けてあるので照明をつけると部屋の中でもきっと存在感があることでしょう。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング  
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願いいたします

ブログトップ
posted by kouboumokuyoudaiku at 11:42| Comment(0) | 木工 | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

木工日誌 : 組み紐編み機

組み紐編み機・1材=スプルス無垢
写真上段    土台   直径300mm丸 厚30mm
写真2段目左 編み台 直径170mm丸 厚25mm
写真2段目右 編み輪 直径240mm丸 厚15mm
写真3段目左 支柱   長さ308mm   太さ30mm丸
写真3段目右 糸巻き  長さ40mm    太さ14mm丸
写真下段    吊り棒  長さ480mm   太さ10mm丸

組み紐編み機・2土台と編み台を支柱で固定して、
編み台の外側に編み輪を乗せて回しながら編んでいきます。
写真では糸巻きは下に置いてありますが、
実際には糸巻きに巻いたいろいろな色の糸を編み輪に通して
吊り下げて使用します。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願いいたします

ブログトップ
posted by kouboumokuyoudaiku at 10:06| Comment(2) | 木工 | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

木工日誌 : 切抜き文字

切り抜き文字・1材=ホー
横200mm×縦170mm×厚み25mm
上から(平面から)見ると楕円形になっています。

中央にお客さまよりデザインされた
S字を切り抜いています。

切り抜き文字・2横から見たところです。

厚みに対しても全体になだらかな山形の傾斜になっています。

円ではなく楕円なのでこの傾斜をつける加工に
とても手間が掛かります。

切り抜き文字・3加工時に割れてしまった失敗作ですふらふら

加工が複雑になるほど失敗するリスクも多くなってしまいます。
極力失敗しない方がいいのは当たり前ですが・・・。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願いいたします

ブログトップ
posted by kouboumokuyoudaiku at 14:38| Comment(2) | 木工 | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

木工日誌 : 8角形棒


8角形棒材=タモ無垢
長さ・800mm 太さ・50mm角 ホゾ・25mm丸

機器の軸として使用します。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願いいたします

ブログトップ
posted by kouboumokuyoudaiku at 10:57| Comment(0) | 木工 | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

木工日誌 : 木箱

箱・チェリー・ウォールナット左=材チェリー無垢
W350mm×D350mm×D50mm
右=材ウォールナット無垢
W350mm×D250mm×D50mm

何てことない普通の箱です。
中を格子状に組んで仕切ってあります。

箱・チェリーチェリーの箱は底板が付いていますが、
底板は無垢材ではなくベニヤ芯に突き板(単板)を
貼ったものを使用しています。

無垢板でこの幅のものを用意するのは難しく
板反りの問題もあるので突き板貼りを使用しました。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング  
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願いいたします

ブログトップ
posted by kouboumokuyoudaiku at 10:32| Comment(0) | 木工 | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

木工日誌 : 四角錐


四角錐・1材=左ニヤト・右ウォールナット
上部50mm×50mm 下部80mm×80mm 高さ160mm
中心に30mm丸の貫通穴あけ

ライトスタンドとして使用します。


四角錐・2センターで2分割してライトスタンドのポール部分を
挟み込んで組み立てます。

接続部分にはビスケット加工をしてあります。

赤系のニヤトと茶系のウォールナットを使うことによって
灯りをつけた時に違った雰囲気が浮かび上がってきます。
写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願いいたします
posted by kouboumokuyoudaiku at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 木工 | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

木工日誌 : 木箱

木箱・ウォールナット・1材=ウォールナット
W320×D240×H50

蓋の上部に面取り加工(ぎんなん面)
本体の角に補強とアクセントを兼ねて黒檀を
はめ込んであります。

木箱・ウォールナット・2ここから先はご依頼されたお客様が
ご自分で細工をされていかれます。

蓋の裏側のしゃくり部分に鏡を取り付けて、
底の部分は指輪などを納められるようにしていき、
蓋の表面にはお名前を入れるそうです。

まさにonly oneのこだわりの一品ですね。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願いいたします
posted by kouboumokuyoudaiku at 11:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 木工 | 更新情報をチェックする

2006年02月22日

木工日誌 : ヒノキ丸太看板加工

ヒノキ丸太・看板加工ヒノキ丸太
長さ2900mm 太さ550mm/390mm

丸太の胴中を削り出して、後で文字を書き込んで
看板に使用します。


ヒノキ丸太・平台鉋電動カンナで指定の大きさに削っていきます。

通常は縦方向に削っていきますが、削り部分の入り口と
出口にカンナの台が当たって削ることが出来ないので
横に削っていきます。


ヒノキ丸太・反り台鉋入り口と出口部分がアールになっているので
電動カンナの台の部分がアールに反っている
反り台カンナを使って削っていきます。
カンナの台の部分を上の写真と比べてみてください。
電動カンナで粗削りした後で手鉋とサンダーで
仕上げていきます。

写真にはありませんが削り加工の前にする皮むき作業はただ皮をむくだけでなく
皮がむけた肌をブラシで磨いていくので1日以上かかってしまい
実際の削り作業より時間を要してしまいまいた。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願いいたしますの
posted by kouboumokuyoudaiku at 11:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 木工 | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

木工日誌 : 江戸指物


江戸指物・体験教室玉川高島屋で開催されている
「江戸指物」の展示会に行ってきました。

伝統工芸の技が作り出す箪笥から箸置きまで多数の作品が
展示されていて、杢目の美しさ、拭漆の輝きに
和の持つ素晴らしさを改めて感じさせられました。

入り口の脇では職人さんの実演が行われていて、来場者の無料体験教室も開かれていました。

桐材で作られたペンケースに職人さんの説明にしたがってカンナで面取り加工をしていきます。
出来上がった作品は持ち帰ることができてとてもいい経験になっていました。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願いいたします
posted by kouboumokuyoudaiku at 23:47| Comment(3) | TrackBack(1) | 木工 | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

木工日誌 : 木製ペーパーストック

ペーパーストック・1材=セン無垢
内寸法 W235mm×D130mm×H100mm

店舗などの洗面所で手を洗った後に1枚ずつ取り出して
手を拭くペーパーを入れておくケースです。


ペーパーストック・2お客様のご希望でアルミ製やプラスチック製では
温かみがないので木で製作してほしいと
ご依頼を受けました。

材は杢目が綺麗なセン材を使用しました。


塗装のしかたによってはケヤキのようにも見えてお値段はケヤキより
遥かにお安いので杢目を生かしたい時にはお勧めの材です。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願いいたします
posted by kouboumokuyoudaiku at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 木工 | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

木工日誌 : 友禅染めライト

友禅染めライト・1先日12月27日にご紹介した円盤とリングを使ったライトを
実際に灯りをつけて使用している写真です。

写真を提供くださったのは、友禅染色工房「グラスバード」さん。
http://www.muse.dti.ne.jp/grassbird/
HPも是非ご覧ください。
この他にも素敵な作品が多数紹介されています。


友禅染めライト・2「手描き糸目友禅」という技法で深い色合いで緻密な柄を染めていて
灯りをつけるとより美しい色あいが浮かびあがってきています。

このような所にも木よう大工の作品が少しだけお手伝いをしています。

写真をクリックすると拡大写真でご覧になれます

「工房 木よう大工」ホームページ 
http://www.mokuyoudaiku.com/

人気blogランキング
  ↑ ↑ ↑
クリックのご協力をお願い致します
posted by kouboumokuyoudaiku at 23:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 木工 | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

木工日誌 : 間仕切り


間仕切り・1材=MDF(木の粉を固めたような材です)
縦1820mm×横700mm×厚み30mm

間仕切りとして使用します。

ご指定のデザインをNCルーター(コンピューター制御)に
プログラムを組んで加工しました。



間仕切り・2柄が細かいので全ての加工をするのに4時間かかりました。

長時間かかっても機械が自動的に加工してくれるので
その間に他の作業をすることが出来ます。

もっともプログラムを組むのに数時間掛かっています。


間仕切り・3NCルーターで加工しているところです。

はけに囲まれた中に刃物が付いていて削りかすは集塵で
吸い上げています。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」 ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気blogランキング
  ↑  ↑  ↑
クリックのご協力をお願いします

posted by kouboumokuyoudaiku at 13:17| Comment(3) | TrackBack(0) | 木工 | 更新情報をチェックする