2005年11月21日

木工日誌 : 丹頂ヒ~ラヒラ


200511216d483881.jpg丹頂(タンチョウ)と言うと、つい「鶴!」と思いがちですが、
金魚にもタンチョウという種類がいるのです。
タンチョウヅルと同じように、頭のてっぺんが赤い種類です。

鶴の方のタンチョウは、頭頂部に羽がなく、
そのために赤い血の色が透けて見えているそうですが、
金魚のタンチョウは赤い部分が水ぶくれ状に腫れていて
成長するにしたがってふくれ方が大きくなっていきます。
なぜそこだけ赤いのかは存じませんが、ちょっと想像はつきますね。

泳ぐ姿は、犬に例えるとキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル。
尾ひれを振りながら前に進みます。
ヒラヒラヒラって、かわいい泳ぎ方です。

そうそう、以前身体にダニがついて隔離治療をしていた黒デメちゃんも、
あれ以降はすっかり元気で、この写真の右上の方に写っているのですが、
なにしろ黒いバックに黒デメちゃんですので、ほとんど見えませんね。

寒い外気にさらされて、池の水はかなり冷たいのに、
この位の方が病気が出にくいそうです。
夏の頃と違ってえさやりは、「おーさぶさぶっ!」と手早く済ませます。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます

「工房 木よう大工」 ホームページ
http://www.mokuyoudaiku.com

人気blogランキング
  ↑  ↑  ↑
クリックのご協力をお願いします
posted by mokuyoudaiku at 15:08
"木工日誌 : 丹頂ヒ~ラヒラ"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。